モノの貸し借りアプリ「Alilce.style」運営の「ピーステックラボ」が「長野銀行」と業務提携

tips

2021年11月18日、株式会社ピーステックラボは、株式会社長野銀行と業務提携契約を締結したことを発表しました。

BtoC・CtoCのモノの貸し借りアプリ「Alilce.style(アリススタイル)」を運営しています。

旅行用品や、最新家電、ベビー用品など様々なモノをレンタルで利用できるサービスです。気に入ったモノはレンタル中に購入することもできます。

今回の提携により、長野銀行が取り扱いを開始する「ながぎん女性向け住宅ローン「Will」」の契約者特典として、長野銀行専用サービス「Alice.style for Will」を提供します。

「Will」を契約することで、「Alice.style for Will」を6カ月間無料で利用することができます。

スマートフォンの普及により人びとはインターネットに手軽にアクセスできる環境を得ました。

この消費環境の変化により、個人間での貸し借りや売買を行うビジネスの形態であるシェアリングエコノミーが登場しました。

空き家や別荘など空間をシェアするものや、自動車やタクシーなど移動手段をシェアするもの、スキルや隙間時間などを提供するものなど、様々なシェアリングエコノミーの形があります。

シェアリングエコノミーは一時的な利用が多いため、購入するよりもコストがかからないことがメリットとなっています。これは潜在的な需要を掘り起こし、消費の拡大につながると期待されています。

また、ベビー用品や子供服など、短期間の利用・買い替えとなってしまうものはシェアリングエコノミーと相性がよく、様々なサービスが登場しています。

SDGs(持続可能な開発目標)の認知度が高まったこともあり、モノを無駄にしないシェアリングエコノミーは今後も拡大を続けていくと考えられます。

レンタルサービスなどは資金に制限のある創業期において便利な存在です。「冊子版創業手帳」では、創業期にとって大きな投資となるオフィスについて、レンタルやコワーキングスペースのメリット・デメリットを比較し、おすすめの形態を解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Alice.style for Will Alilce.style BtoC CtoC Will アプリ アリススタイル シェアリング・エコノミー ながぎん女性向け住宅ローン ピーステックラボ モノ レンタル 株式会社 業務提携 特典 長野銀行
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

小売店・ブランド向けオンラインマーケットプレイス運営の「homula」が1億円調達
2021年5月31日、株式会社homulaは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 小売店やブランド向けに、卸売・仕入れが行えるオンラインマーケットプレイス「homula」を運営してい…
倉庫のシェア、どこまで進むか 「souco」が4億円調達
株式会社soucoは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約しマッチングするプラットフォーム「souco」…
発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が「三菱ケミカルホールディングス」と資本業務提携
2021年9月3日、DAIZ株式会社は、株式会社三菱ケミカルホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。…
中国をメインとする貿易業の「INSIGHT WORKS」が国内中小企業向け中国ビジネス・モデルをスタート
2020年1月16日、INSIGHT WORKS株式会社は、国内中小企業向け中国ビジネス・モデルをスタートしたことを発表しました。 中国をメインとした貿易業を営み、OEM制作業、許認可代行業、コンサル…
英語学習アプリ運営の「ポリグロッツ」が1億円調達
2020年1月15日、株式会社ポリグロッツは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 学習者が自分の好きなコンテンツを使って英語学習できるアプリ「POLYGLOTS」を開発・提供しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ