「イザナギゲームズ」が「アメツチ」の株式90%を取得し子会社化

tips

2022年9月9日、株式会社イザナギゲームズは、株式会社アメツチの株式を90%取得し子会社化することを発表しました。

イザナギゲームズは、『冤罪執行遊戯ユルキル』『デスカムトゥルー』、『ワールズエンドクラブ』などのコンシューマーゲームをプロデュース・販売するパブリッシャーです。

アメツチは、演劇・映像・アニメの企画・プロデュース・ディレクションを手掛けています。

舞台においてはプロジェクションマッピングなど映像を使った演出を得意としています。

グループ企業にアメツチを持つことで、新規IPコンテンツの展開・表現をより深く、幅広く行っていきます。

近年マンガ・アニメ・ゲーム業界では、原作作品の舞台化がトレンドとなっています。

2次元作品を舞台化した作品は2.5次元舞台と呼ばれ、漫画『テニスの王子様』を舞台化した、ミュージカル『テニスの王子様』が火付け役となったともいわれています。

2.5次元舞台は、原作作品のキャラクターや雰囲気を忠実に再現していること、アニメ・漫画・ゲームといった非現実的な世界を表現するためプロジェクションマッピングなどの映像技術などが使われる演出面などを特徴としています。

こうした舞台化プロジェクトは、主にIPコンテンツを保有する会社が企画を立案し、舞台製作会社と協力して進めていくことになります。

企画立案はアニメ原作であれば製作会社、漫画原作であれば出版社、ゲーム原作であればゲームパブリッシャーが担います。

また、こうした会社が出資を募り複数企業でプロジェクトを進める、製作委員会方式をとることもあります。

イザナギゲームズは新規IPの創出に力を入れているゲームパブリッシャーです。今回のアメツチの子会社化により、IPの多角的展開にも力を入れていくようです。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。近年はインターネットを活用したPR/マーケティングの重要性が増し、多くの企業が注力しています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ IPコンテンツ アメツチ イザナギゲームズ エンターテイメント ゲーム デスカムトゥルー パブリッシャー プロデュース ワールズエンドクラブ 子会社 映像 株式会社 演出 演劇 舞台
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データアセットマネジメント事業展開の「AOSデータ」が9億円調達
2021年7月6日、AOSデータ株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開して…
ロボティクス・プラットフォーム提供の「Rapyuta Robotics」が物流ソリューションの「モノフル」と資本業務提携
2020年2月17日、Rapyuta Robotics株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、日本GLP株式会社のグループ会社である株式会社モノフルと資本業務提携し、物流施設の自動化…
分散型コンピューティングパワー(計算力)を提供する「モルゲンロット」が「鹿島建設」と資本業務提携
2022年6月9日、モルゲンロット株式会社は、鹿島建設株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 モルゲンロットは、分散処理コア技術「Excalibur」を中核としたソフトウェア開発力…
セカンドホームのサブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」展開の「Sanu」が22億円調達
2021年12月3日、株式会社Sanuは、総額約22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 セカンドホームサブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」を展開しています。 首都圏から片…
空飛ぶクルマ・ドローンのインフラ施設「Vertiport」などを開発する「ドローネクスト」が資金調達 「SKYSCAPE株式会社」に社名変更
2022年9月27日、SKYSCAPE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、社名をドローネクスト株式会社からSKYSCAPE株式会社へと変更したことも併せて発表しています。 SKY…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ