注目のスタートアップ

靴挿入型IoT歩行ナビを手がける「Ashirase」が1.75億円調達

company

2024年2月28日、株式会社Ashiraseは、総額1億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Ashiraseは、靴挿入型デバイスとiPhoneアプリを用いた、視覚障害者向け歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」を手がけています。

靴挿入型デバイスによって足の甲などに振動を与えることで誘導情報を伝え単独歩行をサポートするプロダクトです。

一度歩いた道を記憶するマイルート機能や、店舗情報を詳細に確認可能な発話型AIスポット検索などの機能も搭載しています。

2023年春にクラウドファンディングによって先行販売モデルを約120名のユーザーに販売しています。

2024年夏頃に新モデルによる一般販売を開始する予定です。

一般販売モデルは、デイバスの着け心地向上、小型化、高精度GNSSモジュールの搭載、視覚障害者向けに歩きやすいルートの提供といったアップデートを図っています。

今回の資金調達により、2024年度夏頃に予定している一般発売に向けたチーム強化や、ハードウェアデバイスの開発・生産、専用アプリケーションのアップデート、新機能開発、マーケティング活動などを進めます。


国内において身体障害者手帳の交付を受けた視覚障害者は、約31万人とされています。一方で、日本の眼科医会は、米国の視覚障害の基準を適用した場合、日本では164万人ほどの視覚障害者が存在すると推計しています。

つまり、国の基準に適合しないものの、日常生活に大きな影響を及ぼす目の不自由さを感じている者が多く存在しているということになります。

視覚に障害を抱える人が外出する場合、盲導犬やガイドヘルパーに頼るという選択肢があります。

しかし盲導犬は、2023年3月31日時点で836頭しか実働しておらず、その数については年々減少傾向にあります。

さらにガイドヘルパーについても自治体ごとに利用制限が設けられており、自由な外出には制約があります。

こうした背景のもと、視覚障害者を支援するテクノロジーやプロダクトの研究開発や実用化が進められています。

すでに普及しているものとして、スマートフォンやパソコンの音声読み上げ機能、視覚情報を音声で伝えるプロダクトなどが挙げられます。

このように視覚障害者をサポートする技術は音声を主軸としたものが多いのですが、一方で音声は聞き逃してしまったり、聴覚情報を重要としている視覚障害者の聴覚の邪魔をしてしまったりといった問題も抱えています。

Ashiraseが手がける「あしらせ」は、既存の靴に取り付け可能な振動デバイスとスマートフォンアプリにより誘導情報を伝えるナビゲーションシステムです。

視覚障害者の聴覚や白杖操作の感覚情報を邪魔することなく誘導情報を伝えられるという大きな特徴を有しています。

事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Ashirase IoT アプリ デバイス ナビゲーション 情報 振動 支援 株式会社 歩行 視覚 視覚障害者 触覚 資金調達 障害者
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

マンガに特化した機械翻訳技術サービス開発の「Mantra」が8,000万円調達
2020年6月8日、Mantra株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マンガに特化した機械翻訳技術を保有しており、マンガの高速な多言語展開を可能にする法人向けサービ…
生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人・法人に提供する「みんな電力」が15億円調達
2020年10月26日、みんな電力株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人に提供する「顔の見える電力」や、法人向けに再エネ電力を提供…
アソビの実体験投稿メディア「PLAYLIFE」運営の「プレイライフ」が1.15億円調達
2020年5月26日、プレイライフ株式会社は、約1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました アソビの実体験投稿メディア「PLAYLIFE」を運営しています。 デート、旅行/観光、おでかけ…
「フューチャーベンチャーキャピタル」が大学・専門学校向け募集広報システム「SchooLynk Contact」を提供する「Doorkel」に出資
2023年3月20日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、東日本銀行地域企業活性化投資事業有限責任組合(東日本銀行地域企業活性化ファンド)より、株式会社Doorkelに投資を実行したことを発表…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」に田所雅之氏が顧問就任
2019年7月2日、株式会社日本クラウドキャピタルは、田所雅之氏が顧問に就任することを発表しました。 日本クラウドキャピタルは、日本初の株式投資型クラウドファンディング・サービス「FUNDINNO(フ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】