注目のスタートアップ

大学関係なくOB・OG訪問ができる就活アプリを手がける「Matcher」が1億円調達 「ポート」と資本業務提携

company

2024年2月29日、Matcher株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先はポート株式会社です。ポートとは資本業務提携を締結し、グループインします。

Matcherは、大学関係なくOB・OG訪問ができる就活アプリ「Matcher(マッチャー)」、新卒向けスカウトサービス「Matcher Scout」、就活情報メディア「Matcher Dictionary」を展開しています。

「Matcher」は、所属大学や居住地に関係なくOB・OG訪問ができるアプリです。

「就活相談をしたい学生」と「お願い事をしたい社会人」をマッチングするOB・OG訪問サービスです。

ポートは、若手人材に特化したリスキリング型人材支援サービスなどを展開しています。

国内最大級のキャリア情報サイト「キャリアパーク!」や、就活生のための企業口コミサイト「就活会議」などのサービスを有しています。

今回の資本業務提携により、双方の学生会員連携を行い、さらなる事業成長を目指します。

また、新卒向け企業紹介サービス「Matcher Agent」を立ち上げるなど、事業シナジーの最大化を図っていきます。


新卒一括採用は、母集団を形成してその中から優秀な人材を選別し、自社で教育を施して戦力とするという方法です。しかし近年は複数の理由によってこの採用手法の有効性が低下しています。

近年は、終身雇用制度の崩壊、少子化による人手不足、グローバル化といった社会情勢の変化により、新卒一括採用はデメリットが大きくなってきています。

とくに新卒人材の絶対数が減少しているため、大企業などにヘッドハンティングされるなどして優秀な新卒人材が少なくなった母集団の中から、優秀な人材を選抜するというのは困難になってきています。

また、近年は即戦力人材の重要性が高まっているほか、企業のリソース不足などによって新卒人材に対して充分な教育を施すことが難しくなっているため、より自社にマッチした新卒人材を採用することが重要となっています。

こうした中で、企業の内情などを学生によく知ってもらうという施策は、採用時のミスマッチを軽減したり、早期に有望な学生を選抜できるという点で重要な取り組みであるといえます。

人材の採用は企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

また、事業成長を目的とした人材の獲得にあたっては資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Matcher OB OG スカウト マッチャー マッチング 企業 口コミ 大学 学生 就活 就活生 情報 株式会社 相談 社会人 資本業務提携 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIテスト自動化プラットフォーム「Magic Pod」運営の「TRIDENT」が3億円調達
2021年7月7日、株式会社TRIDENTは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIテスト自動化プラットフォーム「Magic Pod」を運営しています。 モバイルアプリテスト、ブラウ…
カーボンクレジット売買プラットフォーム「日本カーボンクレジット取引所」の運営などを手がける「渋谷ブレンドグリーンエナジー」が5,000万円調達
2023年8月10日、渋谷ブレンドグリーンエナジー株式会社は、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 渋谷ブレンドグリーンエナジーは、カーボンクレジット売買プラットフォーム「日本カーボ…
サブスクリプション・ビジネスに必要なコア機能を提供するプラットフォーム「サブスクONE」がリリース
2020年12月15日、サジェスタム株式会社は、「サブスクONE」の提供を開始したことを発表しました。 「サブスクONE」は、サブスクリプション・ビジネスに必要なコア機能を提供するプラットフォームです…
海外留学サービス「スマ留」提供の「リアブロード」が1億円調達
2020年12月11日、株式会社リアブロードは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 海外留学サービス「スマ留」を提供しています。 語学学校の空き場所や空き時間を利用することで、従来の留…
ナノファイバーQED(量子電気力学)共振器による量子コンピューターの実現を目指す「Nanofiber Quantum Technologies」が2億円調達
2022年8月29日、早稲田大学ベンチャーズ株式会社は、株式会社Nanofiber Quantum Technologiesに2億円の投資を行ったことを発表しました。 Nanofiber Quantu…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】