注目のスタートアップ

「西松建設」がメタン発酵バイオガス発電の「アーキアエナジー」に出資

company

2022年8月31日、西松建設株式会社は、アーキアエナジー株式会社に出資したことを発表しました。

アーキアエナジーは、メタン発酵バイオガス発電事業の企画・開発・運営を行っています。

食品廃棄物や産業廃棄物を収集してバイオガスエネルギーを生産し、それを発電・飼料・液肥などに利用する一連の事業を展開しています。

西松建設は今回の出資により、メタン発酵バイオガス発電事業に参入します。さらに、発電で副次的に発生する残渣を有効に利用する技術開発を推進します。

「令和2年度食品廃棄物等の年間発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率」によると、2020年度の食品廃棄物等の発生量は約1,600万トンであり、前年から7.5%減少しています。

食品廃棄物等を排出する産業には、食品製造業、食品卸売業、食品小売業、外食産業があります。

そのうちもっとも多くの食品廃棄物等(約1,300万トン)が発生している食品製造業においては、96%の食品廃棄物等が再生利用されています。

一方でその他の産業の再生利用率は、食品卸売業では68%、食品小売業では56%、外食産業では31%となっているため、食品廃棄物等の排出削減のためにはこれら産業の再生利用率を向上させることが必要です。

食品廃棄物等の再生利用先には、肥料・飼料・きのこ類の栽培に利用される培地、メタン、油脂・油脂製品、燃料・還元剤、エタノールなどがあります。

このうち飼料が76%、次いで肥料が15%を占めており、メタンは4%となっています。

食品廃棄物等は発酵処理によってバイオガスをつくることができます。バイオガスは発電に利用できるため、食品廃棄物等のリサイクルのひとつとして有用です。

しかし、食品廃棄物等の収集・運搬にコストがかかることや、食品廃棄物等の種類が一定しないため発酵処理に職人的な調整が必要となること、プラントが大掛かりであることなどから国内ではあまり普及していません。

とはいえ、バイオガス発電は安定的な発電方法であり、高い温室効果ガス削減効果を有するといったメリットを有しているため、再生可能エネルギーとしても注目されています。今後のアーキアエナジーの展開に注目が必要です。

事業の成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アーキアエナジー バイオガス発電 メタン メタンガス 出資 廃棄 株式会社 産業廃棄物 発酵 発電 西松建設 食品 食品廃棄物 食品残渣
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

将来予測型ピープル・アナリティクス・サービス提供の「トランス」が5,000万円調達
株式会社トランスは、総額約5,000万円の資金調達を発表しました。 将来予測型ピープル・アナリティクス・サービス「TRANS.HR(トランスエイチアール)」(β版)を提供しています。 人材採用において…
嚥下を測定するウェアラブル・デバイス開発の「PLIMES」が1.5億円調達
2020年3月24日、PLIMES株式会社は、1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、CYBERDYNE株式会社です。また、CYBERDYNEとは業務提携も行います。 P…
映像解析AIの「フューチャースタンダード」が交通量調査サービス「SCORER Traffic Counter Edge」をリリース
2022年9月12日、株式会社フューチャースタンダードは、新サービス「SCORER Traffic Counter Edge」を10月3日(月)から発売することを発表しました。 「SCORER Tra…
介護士シェアリング・サービス「イチロウ」運営の「LINK」が6,500万円調達
2020年10月22日、株式会社LINKは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護士シェアリング・サービス「イチロウ」を運営しています。 要介護者が自宅で最期まで生活を送るこ…
部屋探しプラットフォーム「カナリー」運営の「BluAge」が「ヤマダホールディングス」と資本業務提携 10億円調達
2022年9月26日、株式会社BluAgeは、株式会社ヤマダホールディングスと、資本業務提携契約を締結し、10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 BluAgeは、部屋探しプラットフォーム「カ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ