オフライン店舗のヒト導線データ分析ソリューション「POPS」が正式ローンチ

tool

2022年5月18日、株式会社GRoooVEは、「POPS」を正式ローンチしたことを発表しました。

「POPS」は、オフライン店舗における高精度のヒト動線データ分析ソリューションです。

導入することで、接客活動の効果検証、店内レイアウトの改善、品出しなどの労務コストにまつわるスタッフオペレーションの改善といった、店舗運営を効率化するための指標を取得できます。

データの受け渡し方法は、「POPS-BI」「POPS-API」「POPS-ORG」の3種類を用意しているため、企業は課題・ニーズに合わせて導入形態を選び、最小限の投資で施策を開始することができます。

オフライン店舗の分析では、カメラ・センサーなどのIoT機器の設置などが必要となりますが、GRoooVEが課題の抽出から設置後の運用サポートまでを一括で請け負うことも行っています。

また、取得したデータ・数値の活用方法がわからない企業などのため、導線分析のスペシャリストの提供も行います。

コロナ以前から小売業ではDXの推進が課題として挙げられていました。DX推進の大きな理由としてはECの普及が挙げられます。

たとえば大手家電量販店では、消費者は店舗には商品の確認に来るだけで、ECショップで最安値のものを買うという、店舗のショールーム化(ショールーミング)が課題となっていました。

そのためオフライン店舗では、オフラインならではの施策により顧客の購買意欲をかき立て購買につなげるというということが必要となります。

最適な施策を打ち出すには、顧客が購買に至るまでのステップを可視化する必要がありますが、その可視化を実現するのが“導線分析”なのです。

導線分析では、顧客・スタッフの導線から、顧客の行動(エリア・棚の立ち寄り回数・滞在時間)、人数、性別・年齢層、入店率、購買率など様々なデータ・数値を取得することができます。

これによりデータドリブンな店舗設計を実施し、成長につなげることができます。

また近年小売業界では、オフラインとオンラインを融合させたOMO施策や、D2Cビジネスの店舗展開(ポップアップストアなど)、RaaS(Retail as a Service, 小売のサービス化)といった新たな取り組みが注目されています。

こういった施策を成功に導くためには店舗全体のデジタル化が欠かせないため、導線分析のニーズはさらに高まっていくことが予測されます。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ GRoooVE IoT POPS オフライン ソリューション データ データ分析 ローンチ 効率化 導線分析 小売 小売業 店舗 店舗運営 株式会社
詳細はこちら

【店舗DX戦略】オフライン店舗内の人の動線を数値化する分析ソリューション「POPS」を正式にローンチ。データドリブンによる新しい店舗ビジネスモデルの促進を支援します。

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建機の遠隔操作・自動運転の「ARAV」が6,300万円調達
2021年3月8日、ARAV株式会社は、総額6,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 既存の重機に後付けすることで、遠隔操作や自動操縦を行えるようにするプロダクトを開発しています。 20…
「スカイディスク」が「九州大学サイバーセキュリティセンター」と共同研究を開始
平成30年7月2日、株式会社スカイディスクは、九州大学サイバーセキュリティセンターと共に、共同研究を開始したことを発表しました。 未知の脅威に対応可能な人工知能の開発や、自分自身で改良していく人工知能…
AIによる契約書チェック・サービス「AI-CON」提供の「GVA TECH」が3億円調達
2020年6月29日、GVA TECH株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIによる契約書チェック・サービス「AI-CON」や、エンタープライズ向けの「AI-CON Pr…
VTuberグループ「にじさんじ」運営の「いちから」が19億円調達
2020年4月14日、いちから株式会社は、総額約19億円の資金調達を実施したことを発表しました。 VTuberグループ「にじさんじ」を中心に、日本・海外でエンターテインメント事業を展開しています。 バ…
エンプロイーサクセスプラットフォーム「Well」開発・運営の「Boulder」が1億円調達
2020年7月28日、株式会社Boulderは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、クローズド提供していた「Well(ウェル)」のβ版の正式リリースも併せて発表しました。 「We…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ