注目のスタートアップ

地域ビジネスのための顧客データ収集・連携・活用プラットフォーム「Horai」提供の「scheme verge」が資金調達

company

2022年5月10日、scheme verge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社サンケイビルと、三菱UFJキャピタル株式会社が運営するファンド(三菱UFJキャピタル8号投資事業有限責任組合)です。

scheme vergeは、地域ビジネスのための顧客データ収集・連携・活用プラットフォーム「Horai(ホーライ)」を開発・提供しています。

「Horai」は、瀬戸内エリアの旅行・アート巡りを海上モビリティからサポートするために開発されたサービスです。

行きたいスポットから旅程を作成してくれるほか、旅程で必要となる海上タクシーの予約・決済、交通機関の予約・決済、周遊パスポートの購入・利用を行うことができます。

瀬戸内エリアだけでなく、全国各地のアートプロジェクトとの連携・周遊パスの提供を進めています。

今回の資金は以下の3点の実施に充当します。
・エンドユーザーや地域事業者の現場スタッフの視点も交えたより使いやすいプロダクトへの改善
・2024年だと予測されているAfterコロナを見据え、各地の観光産業・地場産業の創生に関わる取り組みに貢献するための事業展開の強化
・「データ・ドリブンなエリア活性化・マネジメント」というソリューションを確立するとともに、昨今・今後の需要増に合わせた体制の強化

東京都は1997年から地方からの人口流入による転入超過が続いていました。これを東京一極集中と呼び、地方の若年層人口の減少、災害に対するリスクといった弊害をもたらします。

そのため政府・自治体は地方の活性化のための取り組みを行ってきていましたが、東京の転入超過はコロナ禍まで止まることはありませんでした。

だからといってすべての地方創生がうまくいっていないわけではありません。

たとえば、青森県では地域観光の活性化のための取り組みを早くから行っており、「Myルートガイド」という観光地を巡る最適なルートを作成できるWebサービスを中心とした観光クラウドの取り組みは、ICT活用のひとつの成功例といえます。

また、観光において移動というのは切っても切り離せない関係にあります。特に地方の観光地は駅・空港から離れた場所にあることが多く、駅・空港から観光地までの交通手段(2次交通)の利便性を高めることが重要なのですが、地方の人口減に伴う税収減のせいで交通機関が少なくなり負のスパイラルに陥っています。

この移動の課題を解決するためMaaS(Mobility as a Service)の活用も検討されています。MaaSとは、バス、電車、タクシー、シェアサイクルなどあらゆる交通機関を、ITの力によってシームレスにつなげ、効率的に使えるようにするシステムのことです。

scheme vergeは民間企業として観光クラウドや観光でのMaaSの活用といったことを進めています。今後、地方の観光活性化では、先行例の成功を踏まえ、ICTやデータを活用した取り組みが重要となり、scheme vergeが取り組む事業のニーズもさらに高まってくると考えられます。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Horai MaaS scheme verge プラットフォーム ホーライ 地域 地域ビジネス 地方創生 旅行 株式会社 活用 町おこし 観光 資金調達 都市開発 顧客データ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

卸・仕入れのプラットフォーム運営の「スペースエンジン」が1億円調達
2020年2月3日、株式会社スペースエンジンは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカーと店舗をつなぐ卸・仕入れのプラットフォーム「SpaceEngine」を運営しています。 店頭…
モノの循環の仕組みをつくる「ECOMMIT」が「NCBベンチャーキャピタル」から資金調達
株式会社ECOMMITは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社NCBベンチャーキャピタルです。 ECOMMITは、循環型社会の実現に必要となる回収・選別・再流通の仕組みの構築・デ…
国際物流プラットフォーム運営の「Willbox」が9,500万円調達
2021年5月17日、Willbox株式会社は、総額9,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国際物流プラットフォーム「Giho」を運営しています。 貨物サイズが大きく物流自体の専門性が…
運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE」運営の「Alpaca.Lab」が7,000万円調達
2020年3月9日、株式会社Alpaca.Labは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE(エアクル)」を開発・運営しています…
医療系専門人材を活用した医療・ヘルスケア事業支援を展開する「xCARE」が資金調達 
2022年5月19日、株式会社xCAREは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、事業拡大に伴い、神戸医療産業都市内に神戸支社を設立したことも併せて発表しました。 xCAREは、医療業界の専門…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】