健康管理アプリ「FiNC」など展開の「FiNC Technologies」が「日本郵政キャピタル」と資本提携

tips

2022年5月16日、株式会社FiNC Technologiesは、日本郵政キャピタル株式会社と資本提携契約を締結したことを発表しました。

FiNC Technologiesは、健康管理アプリ「FiNC」などを展開するヘルステックベンチャーです。

「FiNC」アプリを起点としたユーザー参加型の顧客接点構築ソリューションの提供や、産業保健領域の業務効率化と従業員の健康行動を支援するクラウド型ソフト「FiNC for BUSINESS」の提供、ヘルスケアアプリ開発支援事業、ウェルネスセレクトショップ「FiNC MALL」の運営などを展開しています。

健康管理アプリ「FiNC」では、パーソナルAIトレーナーにより美容・健康メニューをレコメンドするほか、体重・歩数・睡眠時間などを記録することが可能です。

また、月額480円(税込)の「FiNC Plus」では、糖質管理やアドバイスレポート、FiNCオリジナル体組成計優待、ライフログ記録ポイントの増量などを提供しています。

今回の資本提携により、両社の事業シナジーを創出し、事業のさらなる拡大を目指していきます。

新型コロナウイルスの流行により、人びとの健康に関する意識は大きく変化しました。コロナ以前から健康志向は続いていましたが、コロナによりさらに高まっている状況にあります。

また、高齢化が進展する時代においては、なるべく医療・介護を受ける人を減らすため、健康寿命を伸ばすことが必要となります。

健康を維持するためには、定期的に運動する、食生活を改善するなどの方法が考えられますが、心身の状態は人それぞれ異なるため、より効果を高めるためには、正確に心身の状態を把握し、専門的な知識にもとづいたアドバイスを受けることが重要です。

自身の状態を常に把握し、専門家に意見を求めるという取り組みはコストがかかることでしたが、近年はAIを活用することでこの課題を解決したヘルスケアサービスが登場し、多くのユーザーを獲得しています。

スマートウォッチやウェアラブルデバイスの高性能化・低価格化・普及によってさらに健康管理は便利になっていくことが予測されます。

企業においても健康経営という、従業員の健康管理することで生産性を向上させるという取り組みも広く浸透しており、ヘルスケア領域は今後も大きく成長していくことでしょう。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ FiNC FiNC MALL FiNC Technologies アプリ ウェルネス ダイエット ヘルスケア ヘルステック 健康 健康管理 日本郵政 日本郵政キャピタル 株式会社 資本提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業と人事に特化した信用調査会社「テイタン」と与信管理ASPクラウドサービスを提供の「リスクモンスター」が業務提携
2020年10月19日、株式会社テイタンは、リスクモンスター株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 テイタンは、信用調査や企業調査を行う総合探偵・調査会社です。 リスクモンスターは、イン…
ライブ動画ストリーミングプラットフォーム運営の「SHOWROOM」が資金調達 3社と資本業務提携
2022年6月22日、SHOWROOM株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社QTnet、九州朝日放送株式会社と資本業務提携契約を締結した…
恋愛・結婚のパーソナルトレーニング「parcy’s」を運営する「イグアス」が8,000万円調達
2022年8月25日、株式会社イグアスは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イグアスは、「彼と1年以内に結婚する!」をコンセプトとした、恋愛結婚のパーソナルトレーニング「pa…
「サステナ」が社会課題に取り組む団体を支援する「未来基金」を創設
2020年12月15日、サステナ株式会社は、寄付制度「サステナ未来基金」を創設したことを発表しました。 「サステナ未来基金」は、社会課題に取り組む団体を継続的に支援する寄附制度です。 サステナはほかに…
Lea Bio株式会社 浜中 康晴|ベトナムの医師・患者向け医療アプリの事業開発が注目の企業
ベトナムの医師・患者向け医療アプリ事業を展開し、注目されているのが、浜中康晴さんが2019年に創業したLea Bio株式会社です。 これまでの日本の医療は、医師の長時間労働により支えられてきました。今…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ