注目のスタートアップ

在宅縫製サービス「MY HOME ATELIER」運営の「ヴァレイ」が5,100万円調達

company

2022年4月27日、株式会社ヴァレイは、総額約5,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ヴァレイは、在宅縫製サービス「MY HOME ATELIER」、ブランドの成長を加速させるアクセラレーション事業「新 -ARATASHI-」を展開しています。

「MY HOME ATELIER」は、本社マザー工場で裁断・資材管理・特殊ミシンでの仕上げ・検品を行うことで、全国に散らばる縫製職人が自宅で縫製の仕事ができるようにする仕組みを構築した在宅縫製サービスです。

「新 -ARATASHI-」は、才能あるブランドを発掘し、「MY HOME ATELIER」による小ロット生産のノウハウとリソースを活用することで、ブランドの成長を加速させるアクセラレーション事業です。

オリジナルエプロンブランド「ValleyMODE」の運営のほか、ファッションブランド「Ruimeme」「SUBLIMATIO」「Flivoir」の3ブランドを展開しています。

今回の資金は、「新 -ARATASHI-」「MY HOME ATELIER」のサービスの強化(コンテンツの拡充・サポート体制の強化・システム改良)に充当します。

経済産業省の「繊維産業の課題と経済産業省の取組」(2020年1月17日発表)によると、国内における国産衣類は数量ベースでたった2.3%しか流通していません。

1991年には約50%を国産衣類が占めていたということを鑑みると、急激なペースで輸入衣類が国内を席巻したということがわかります。

この大きな理由としてはファストファッションの台頭が挙げられます。アパレルにおいても大量生産・大量消費の原理が導入され、安価な衣類ばかりが消費されるようになったのです。

国内生産の衣類が減少したということは、数多くの国内の縫製工場がなくなり、職人が仕事を失ったということになります。

ヴァレイは、こういった縫製職人を救い、国産の衣類を復活させるために「MY HOME ATELIER」・「新 -ARATASHI-」を展開しています。

すでにファストファッションは環境負荷が高いビジネスとして批判を浴びており、徐々にその規模が縮小していくと考えられます。また、消費者の趣味の多様化や品質の良い衣類を身に着けたいという価値観も増えてきており、国産衣類が復活する見込みもあります。

ほかにも、D2Cビジネスの普及や成功も、アパレル業界にとって大きな影響を与えています。D2Cビジネスは、ブランドのこだわりを反映したプロダクトを作ることが特徴であり、国内の工場や職人と相談しながらOEM生産を行うという形をとっているところも数多くあります。

ヴァレイは自社でD2Cブランドを手掛けているということもあり、今後、自社生産とD2Cを掛け合わせることで、アパレル業界において存在感を示していくことになるでしょう。

ファストファッションへの批判など、消費者にもSDGsへの意識が高まっている現在では、自社のビジョンやプロダクトに関する情報発信によるブランディングが重要となっています。「冊子版創業手帳」では、インターネットを活用したPRなど、マーケティング・ブランディングに関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ MY HOME ATELIER アパレル ヴァレイ ファッション 在宅 新 -ARATASHI- 株式会社 縫製 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

集金業務のキャッシュレス化・DXの「エンペイ」が4億円調達
2021年4月1日、株式会社エンペイは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 保育園・こども園・幼稚園・学校・塾・習い事教室などに特化した集金業務支援サービス「enpay(エンペイ)」を…
台湾のファッションフリマアプリ「maipple」が資金調達
台湾のファッションフリマアプリ「maipple」は、資金調達を実施しました。 調達先は、日本の GX インキュベートなどです。調達した金額とエンジェル投資家の名前は公表されていません。 ファッションア…
創薬型の農薬スタートアップ「アグロデザイン・スタジオ」が1億円調達
2020年1月16日、株式会社アグロデザイン・スタジオは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 現在、“撒くと環境汚染が減り作物の成長がよくなる硝化抑制剤”、“特定の害虫を選択的に退治…
ITエンジニア向け見積もり作成効率化SaaS提供の「Engineerforce」が3,500万円調達
2021年10月20日、株式会社Engineerforceは、総額3,5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ITエンジニアの見積もり作成を効率化するSaaS「Engineerforce…
人材紹介会社向けの求人流通プラットフォームなど提供の「ROXX」が9億円調達
株式会社ROXXは、総額9億円の資金調達を発表しました。 人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」や、月額定額制リファレンス・チェック・サービス「back check」を運営…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ