注目のスタートアップ

プライシング・価格戦略に関するコンサルティング事業を展開する「プライシングスタジオ」が4.3億円調達

company

2022年11月23日、プライシングスタジオ株式会社は、総額4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

プライシングスタジオは、プライシング・価格戦略に関するコンサルティング事業を展開しています。

プライシングの適正化に向けた業務実行を支援する「適正プライシング実行支援」と、企業の価格決定力そのものの向上を支援する「プライシングケイパビリティ獲得支援」を行っています。

コンサルティングにおいては、自社開発の価格分析のプロセスを自動化したSaaS「Pricing Sprint」を活用しています。

今回の資金は、顧問・アドバイザリー事業やプライシング人材のトレーニング事業の開始(事業拡大)、人材採用の強化に充当します。

商品・サービスの価格は、顧客の購入・利用の意思決定に深く関わっています。

だからといって商品・サービスの価格を安くしすぎてしまうと利益が出ないだけでなく、安いなりの品質であるというイメージを顧客に与え、ブランド価値を下げることにもなります。

つまり商品・サービスの価格設定はとても繊細なものであり、それゆえ戦略的に価格を決定することが重要です。

近年は円安や原材料高騰などにより、さまざまな商品・サービスの価格改定が相次いでいます。この市場の大きな変化により、商品・サービスの乗り換えなどを考えている顧客も増加していると考えられます。

プライシングスタジオは、適正なプライシングを実現するための支援と、企業の価格決定力そのものを向上させる支援の2つの領域において、企業の価格戦略を支援しています。

価格決定においては、顧客価値起点で行うバリューベースプライシングという手法を採用しており、商品・サービスの付加価値に即しているか、顧客のニーズを満たしているか、価格を変えることで顧客属性が変わるかといった本質的な部分まで踏み込んだ分析を行うことを特徴としています。

データドリブンな経営・意思決定を実現するためには、最適なクラウドサービスの導入も重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューし、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Pricing Sprint コンサルティング プライシング プライシングスタジオ 価格戦略 意思決定 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

次世代型BtoBコマースプラットフォームを開発する「goooods」が5.4億円調達
2022年9月28日、goooods株式会社は、日米の投資家・エンジェル投資家から、総額約5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 goooodsは、取引先発見・与信管理・債権回収を…
アスリートから特別なビデオ・レターをもらえる「PasYou」運営の「PASU」が資金調達
2020年3月16日、株式会社PASUは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、権田修一氏(ポルティモネンセSC所属)、安西幸輝氏(ポルティモネンセSC所属)、国内リーグ所属サッカー選手2…
契約審査プラットフォームやAI契約管理システムを提供する「LegalForce」が137億円調達
2022年6月23日、株式会社LegalForceは、総額約137億円の資金調達を実施したことを発表しました。 LegalForceは、契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約管理シ…
子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が資金調達
2021年3月3日、ワンダーラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 2020年7月の資金調達と合わせて、総額3.1億円の調達となります。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思…
不動産仲介業者の業務をオンライン化する「カナリー」運営の「BluAge」が3億円調達
2020年7月30日、株式会社BluAgeは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産仲介業者の業務をオンライン化する業務効率化ソリューションと、お部屋探しアプリである「カナリー(…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ