注目のスタートアップ

セルフトレーニングをサポートする鏡(姿見)型デバイス「MIRROR FIT.」提供の「ミラーフィット」が資金調達

company

2022年4月18日、ミラーフィット株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

ミラーフィットは、自宅でのトレーニングをサポートする鏡(姿見)型のスマートデバイス「MIRROR FIT.」を開発・提供しています。

Android7.1が搭載された縦約144センチメートル×横約56センチメートルの鏡型スマートデバイスでは、ミラーフィットが提供する500以上のトレーニングプログラムを直感的に操作・選択・閲覧することができます。

またAIを搭載しており、カメラによって全身をチェックし、正しい姿勢への修正をサポートします。ほかにも3Dボディスキャンにより自分の状態を立体的に把握することができます。

ミラーフィットが提供するプログラムの利用以外にも、Androidアプリのインストールや、大きな画面での動画コンテンツの視聴など、大型のスマートデバイスとして利用することができます。

2022年4月現在、有名百貨店や全国のラグジュアリーホテルなどに導入されているほか、応援購入サービス「Makuake」においてプロジェクトを進行しています。

今回の資金は、「MIRROR FIT.」の体型管理機能やパーソナルトレーニング機能などの開発のさらなる加速、グループフィットネスワークアウトや有名トレーナーとの連携による動画コンテンツの拡充、エンジニアや法人営業などの採用の強化などに充当される予定です。

新型コロナウイルスの流行により以前のように気軽に外に出られなくなりました。自宅に籠もりきりになってしまう人が増えたことで、心身に気を使うことも増えました。しかし、密な空間であるジムやフィットネスクラブに通うことは憚られるため、自宅でできる運動のニーズが急激に高まっています。

これまでフィットネスサービスは多くはジムなどの施設で行われていました。しかし入会や体験などのハードルが高く、また続けられるかどうかも定かではないため、潜在的なニーズはあっても利用者が急激に拡大することはありませんでした。

しかし、コロナ禍によって増加したオンラインでのフィットネスサービスは、自宅でフィットネスを行えますし、入会や退会も気軽に行うことができるため、その市場を大きく拡大しています。

一方でオンラインフィットネスはそのクオリティについてはオフラインでのフィットネスには及ばないことがあります。マンツーマンでインストラクターが指導してくれるサービスもありますが、スマートフォンやタブレットといった小さな画面ではよく見えず、もどかしい気持ちを抱くことも少なくないでしょう。

「MIRROR FIT.」はそういったオンラインフィットネスの課題を解決するスマートデバイスです。大きな画面を有しているため、フィットネスにおいても離れたところからでも視認することができ、オンラインフィットネスの体験を最大にすることができます。

また、姿見型のデバイスは起動していない時は通常の鏡として利用でき、起動している時は大型のスマートデバイスとしても活用することができます。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレス・チェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ MIRROR FIT. サポート デバイス トレーニング フィットネス ヘルスケア ミラーフィット 健康 姿見 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ボタンひとつでタクシーを配車できるデバイス「タクシーダッシュボタン」と「電脳交通」の配車システムが連携
2021年4月27日、株式会社電脳交通は、モバイル・コマース・ソリューション株式会社が提供する「タクシーダッシュボタン」とシステム連携を開始したことを発表しました。 電脳交通は、クラウド型タクシー配車…
大学生専用匿名相談アプリ「キャンパスボード」がリリース
2019年12月12日、株式会社Samurai Swordは、「キャンパスボード」を2019年12月9日にリリースしたことを発表しました。 「キャンパスボード」は、大学生専用の匿名相談アプリです。 相…
顧客LTV最大化クラウド型SaaS「Discoveriez」提供の「ジーネクスト」が2.6億円調達
2020年11月25日、株式会社ジーネクストは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 顧客LTV最大化のためのクラウド型SaaSサービス「Discoveriez」を開発・提…
地域ビジネスのための顧客データ収集・連携・活用プラットフォーム「Horai」提供の「scheme verge」が資金調達
2022年5月10日、scheme verge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サンケイビルと、三菱UFJキャピタル株式会社が運営するファンド(三菱UFJキャピタル…
「i-nest capital」のエンターテインメント&ライフスタイル領域を支援する第1号ファンドが総額73億円で組成完了
2020年12月4日、i-nest capital株式会社は、運営・管理する「i-nest1号投資事業有限責任組合」が運用総額73億円でファンドの組成を完了したことを発表しました。 「i-nest1号…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ