スポーツ・ウェルネスD2Cの「TENTIAL」が資金調達

2020年7月1日、株式会社TENTIALは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社アカツキや、プロ・テニス・プレイヤーの西岡良仁選手などです。

スポーツ・メディア「SPOSHIRU」の運営や、スポーツ・テクノロジーとクリエイティブのD2Cブランド「TENTIAL(テンシャル)」を展開しています。

2020年7月現在、「TENTIAL」は、身体のバランスを正すインソール「TENTIAL INSOLE」や、機能性靴下「TENTIAL SOCKS」などを販売しています。

高齢者の増加や、テクノロジーの進化によりヘルスケア業界の市場規模は、2013年には16兆円だったものが、2020年には26兆円となるとみられています。また、2030年には37兆円と、順調に成長することも予測されています。

また、海外におけるヘルスケア市場も、2020年に311兆円、2030年には525兆円にもなると予測されています。

日本のスポーツ・ウェルネス市場も、スポーツ庁による取組みなど国民の健康増進を図る取組みや、企業の健康経営の一貫としてスポーツを推進するなどにより、これからさらに成長していくと予測されています。

D2Cビジネスは、顧客の声を直接聞くことができ、即座にプロダクトに反映できることが大きな魅力です。また、SNSなどインターネットを使ったマーケティングとも相性が良いと言われています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも実施できるネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C TENTIAL インソール ウェルネス スポーツ テンシャル メディア 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ