注目のスタートアップ

量子コンピューター向けアルゴリズム・ソフトウェアを開発する「QunaSys」が資金調達

company

2022年5月10日は、株式会社QunaSysは、資金調達を実施したことを発表しました。

QunaSysは、量子コンピューター向けアルゴリズムやソフトウェアの研究開発、量子化学計算クラウドサービス「Qamuy」の提供などを行っています。

2020年7月からは、量子コンピューターの応用検討コミュニティ「QPARC」を運営し、国内企業50社とともに実用化に向けたユースケースの探索を行なっています。

今回の資金は、海外での事業展開、量子コンピュータ上での化学計算用ソフトウェアの開発のさらなる加速に充当します。

量子コンピューターには、組み合わせ最適化問題の計算に特化した量子アニーリング方式と、汎用的な量子ゲート方式という2つのメジャーな方式があります。

量子アニーリング方式はすでに実用化・商用化が進んでいますが、汎用的な量子ゲート方式はまだ研究段階にあり、実用化は2030年以降になるといわれています。

量子アニーリング方式の量子コンピューターは組み合わせ最適化問題といった特定の用途にしか活用できないのですが、それでも古典的なコンピューターとは比べものにならないほどのスピードで計算することが可能です。

組み合わせ最適化問題の説明として、よく巡回セールス問題が取り上げられます。これはひとりのセールスマンが複数の都市を回るとき、どのルートなら効率的にすべての都市を回ることができるか、という最適解を計算するものです。

古典的なコンピューターでは総当たりで都市を回る経路を探していくのですが、都市の数が30になると、その計算にはなんと25京年以上かかるというのです。

しかし量子アニーリングではこの計算を瞬時に行うことができます。これにより、たとえば完全自動運転車のリアルタイムの最適なルート構築などが可能になります。

一方で、QunaSysはこの量子アニーリング方式の量子コンピューターではなく、汎用的に利用できるゲート方式の量子コンピューターに取り組んでいます。

ゲート方式の量子コンピューターはIBMやGoogleが開発しており、日本では2021年7月からゲート型商用量子コンピューター「IBM Quantum System One」が稼働しています。

とはいえ、実用的な量子コンピュータティングには、万単位の量子ビットが必要とされており、2022年5月現在で実現されているのは127量子ビットが最大となっています。

量子ビット数が増加するにつれて、ゲート方式量子コンピューターの実装が進んでいくと予測されています。QunaSysは将来的な社会実装を見据え、ソフトウェアやアルゴリズムの開発を行っています。

最先端技術の開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Qamuy QPARC QunaSys アルゴリズム 株式会社 資金調達 量子ゲート方式 量子コンピューター 量子力学
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

卵子凍結サービス「Grace Bank」などを提供する「グレイスグループ」が2.8億円調達
2022年4月1日、株式会社グレイスグループは、総額約2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 グレイスグループは、卵子凍結サービス「Grace Bank(グレイスバンク)」や、女性…
オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」運営の「メリービズ」が資金調達
2019年11月22日、メリービズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」を運営しています。 全国750名以上のプロの経理人材が…
IoTスマートホームを展開する「アトムテック」とIoTプラットフォーム提供の「ソラコム」が資本業務提携
2022年5月18日、アトムテック株式会社は、株式会社ソラコムと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アトムテックは、スマートホームカメラ「ATOM Cam」を展開しています。 ソラコムは…
同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの実用化を目指す「クオリプス」が20億円調達
2020年12月4日、クオリプス株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学の技術・研究成果をベースに、同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの開発・事業化を目的に設立さ…
個人向け融資プラットフォーム開発の「UPWARDS」が資金調達
2019年11月11日、株式会社UPWARDSは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、金融庁よりノーアクションレターを受領したことも併せて発表しました。 個人向けの融資プラットフォーム「クラ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ