注目のスタートアップ

同世代と趣味でつながる音声コミュニティ「Yay!」など運営の「ナナメウエ」が16億円調達

company

2022年4月6日、株式会社ナナメウエは、総額約16億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ナナメウエは、同世代と趣味でつながる音声コミュニティ「Yay!」、コンテンツモデレーションAPIプラットフォーム「Posmoni」を展開しています。

「Yay!」は、同世代の人と趣味趣向でつながり、グループで音声通話を楽しむことができるコミュニティサービスです。

今後、「Yay!」のコミュニティ上にトークンエコノミーを形成し、インセンティブ構造を構築することで、利用者がサービス運営に直接関与できる新たな居場所として構築することを目指します。

今回の資金は、「Yay!」の機能開発・トークンエコノミーシステムの構築、新規ユーザーの獲得、認知拡大、マーケティング強化、人材採用・育成体制の強化、ガバナンス強化、NFTコミュニティへの貢献などに充当されます。

米国発の音声SNSアプリであるClubhouse(クラブハウス)が日本の著名起業家や有名人に広まり大きく流行したのが2021年1月のことです。Clubhouseでは、完全オープン、つながりのある人のみのソーシャル、選んだ人のみのクローズドの3種類の部屋を作ることができ、その部屋でグループによる音声コミュニケーションを楽しむことができます。

米国でも有名人を中心に流行し、のちにTwitterやFacebookなどもClubhouseを真似た機能を搭載することになりました。

音声コミュニケーションは、感情などが伝わりやすいこと、声は千差万別であり個性があること、ながら聞きできること、コンテンツ作成がテキストや動画などよりも簡単なことなどのメリットがあります。また人間にとってもっとも親しみ深いコミュニケーション手法でもあります。

「Yay!」はそのような音声コミュニケーションを主軸としたSNSです。同世代×趣味からユーザーやコミュニティを探すことができることを特徴としています。

近年はブロックチェーン技術の登場により、民主的なコミュニティを構築する動きも活発化しています。

一方で、ナナメウエは暗号資産は投機的な側面が強く、コミュニティの基盤として利用するには不安があると考えています。そのため、まずユーザーが日常的に使いたいと思えるコミュニティを形成しバーチャルでの活動を豊かにすることで、暗号資産を保有してもいいと思えるようなものにする必要があると考えています。

今回の「Yay!」へのトークンエコノミーの構築はこうした考えにもとづいています。たしかにトークンエコノミーが構築されたコミュニティで大きな成功を収めている例はあまり確認できません。ナナメウエの取り組みがどのような道のりを歩んでいくのか注目が必要です。

大きな機能の開発には資金調達が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Posmoni SNS Yay! コミュニティ トークン・エコノミー ナナメウエ ブロックチェーン 暗号資産 株式会社 資金調達 趣味 通話 音声
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

YouTubeアニメ『テイコウペンギン』制作の「Plott」が資金調達
株式会社Plottは、資金調達を実施したことを発表しました。 YouTubeで配信しているアニメーション『テイコウペンギン』を制作・運営しています。 今後、YouTube発のIP展開を目指し、アニメや…
動画制作プラットフォーム展開の「Crevo」が2億円調達
2020年5月26日、Crevo株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施たことを発表しました。 動画制作プラットフォーム「Crevo」や、クリエイティブ制作に特化した制作管理ツール「Crevo Bas…
個人ECをノーコードで作成できる「Appify」提供の「Appify Technologies」が2億円調達
2020年10月12日、株式会社Appify Technologiesは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人ECアプリをノーコードで作成できるサービス「Appify(アッピファ…
エンジニア組織の内製化をワンストップで支援する「Findy0→1」が提供開始
2021年3月23日、ファインディ株式会社は、「Findy0→1(ファインディ・ゼロ・トゥ・ワン)」の提供を開始することを発表しました。 「Findy0→1」は、エンジニア組織の内製化の戦略立案から、…
法⼈向けコンプライアンスデータベース提供の「KYCコンサルティング」が資金調達
2022年4月26日、KYCコンサルティング株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 コンプライアンスチェックツール「Risk Analyze(リスクアナライズ)」と、⾼機能リスク情報検索シ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ