注目のスタートアップ

バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー」提供の「jinjer」が51億円調達

company

2022年3月23日、jinjer株式会社は、総額約51億円の資金調達を実施したことを発表しました。

jinjerは、バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー」シリーズを提供しています。

人事労務・勤怠管理・給与計算・ワークフロー・経費精算・電子契約・Web会議など、バックオフィス業務の効率化を支援するクラウドサービスです。

今回の資金は、「ジンジャー」シリーズのプロダクト開発、マーケティング、人材採用の強化に充当されます。

ブラウザから利用できるソフトウェアサービスであるSaaSは、手軽に導入できることから、スタートアップを中心に導入が進み、今では中堅・大企業への導入事例も多くみられるようになりました。

国内のSaaS市場は、年平均成長率約13%で成長しており、2024年には約1兆1,200億円の市場規模へと拡大すると予測されています。バックオフィス領域では定型業務が多く、SaaSによる効率化が期待できるため、数多くのサービスが提供されています。

jinjerは、このバックオフィス業務を効率化するSaaS「ジンジャー」シリーズを提供しています。

人事・勤怠給与・給与前払い・経費・電子契約・Web会議・ウェビナーといった、各業務に特化したSaaSを提供しています。各システムのデータはひとつのデータベースで管理するため、ひとつのシステムの情報を更新するだけで他のすべてのシステムのデータも更新されます。これにより情報登録・変更の手間を圧倒的に削減しています。

jinjer株式会社のコメント

このニュースを受けまして、jinjer株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

この資金調達を実施したことにより、「ジンジャーシリーズ」のプロダクト開発とマーケティング投資、エンジニアやセールスをはじめとした採用活動の強化などへ投資をしていきます。

・今後の展望を教えてください。

jinjerが掲げるミッションである【世の中のすべてを「as a Service」へ】の実現に向けてさらに加速していきます。そしてその先にある、持続可能な社会の構築に貢献していきたいと考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

jinjerは、バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャーシリーズ」を提供しています。少子高齢化、更には新型コロナウィルスへの対応により、働き方が加速度的に変化する日本において、「DX」の普及による生産性の向上こそが、今世紀最大の命題であると考えています。バックオフィス領域の業務効率化について何かお困りごとがあれば、お気軽にご連絡くださいませ。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HR jinjer クラウド ジンジャー バックオフィス 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ビジネスAIソリューション提供の「シナモン」が13億円調達
2020年4月23日、株式会社シナモンは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 機械学習やディープ・ラーニングを活用したAIに関連するプロダクトを提供しています。 具体的には、非定型…
クラウド郵便受取サービス「atena」提供の「N-Technologies」が1億円調達
2021年9月13日、株式会社N-Technologiesは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド郵便受取サービス「atena(アテナ)」を提供しています。 クラウド住所を発…
「グリラス」が食用コオロギを用いて開発したお菓子「C. TIRA Cookie」・「C. TIRA Crunch」を自社ECで販売開始
2021年6月4日、株式会社グリラスは、「C. TIRA Cookie(シートリア クッキー)」と「C. TIRA Crunch(シートリア クランチ)」を6月4日から自社ECサイトグリラスオンライン…
iPS細胞を利用した水疱性角膜症に対する再生医療等製品開発の「セルージョン」が11億円調達
2022年1月7日、株式会社セルージョンは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 「増殖性に優れるiPS細胞から角膜内皮代替細胞を効率的に作り出す技術」と「簡便な手技で属人的技術を不要…
AIによるコールセンターの問い合わせ分析ソリューション提供「レトリバ」が7.5億円調達
2019年7月10日、株式会社レトリバは、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 自然言語処理・機械学習・深層学習をコア・テクノロジーとして、コール・センターの問い合わせ分析・…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ