注目のスタートアップ

心不全向けの新しい再生医療等製品の研究開発を行う「メトセラ」が資金調達

company

2022年4月4日、株式会社メトセラは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社と東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社です。

また、小児先天性心疾患に対する自家細胞を用いた再生医療等製品「JRM-001」を開発する株式会社日本再生医療の買収も同日に発表しています。

メトセラは、心不全向けの新しい再生医療等製品をできるだけ安価に提供することを目的に研究開発を行っています。

研究により、同じ臓器の中に、機能的な心組織の作製や、臓器の中に心不全の治療に特に適した線維芽細胞群(VCF)が存在することがわかっています。

メトセラが開発する「MTC001」はVCFを用いた細胞治療であり、ラット・ブタ試験では高い心不全の治療効果を確認しています。

今回の資金は、「MTC001」の国内外での開発のさらなる加速に充当されます。また、パイプライン開発・開発シーズ検討において大阪大学・東北大学との連携を積極的に検討していきます。

心不全とは、心臓のポンプ機能が低下し、全身の血液が滞ってしまう状態のことです。症状としては、胸の痛み、動悸、息切れなどをもたらします。治療を行った場合でも症状が悪化していくことがあり、また根本的に治療する方法がないことが大きな課題となっています。

病状が進行した場合は、補助人工心臓治療や心臓移植が必要となります。しかし多くの人が知っているように日本は臓器提供件数が少なく、必要なだけの移植手術が行えていない現状があります。

iPS細胞やES細胞などの万能細胞は、目的の臓器や組織を作りだすことができるため、これまで治療困難だった病気の治療法として期待されています。しかし実用化に向けた計画は想定よりも遅れており、2022年3月現在においても実用化に至ったiPS細胞関連の再生医療はありません。

メトセラが発見した心臓線維芽細胞(VCF)は、培養が容易でありながら、心組織の構築を促す力があることがわかっています。すでに動物を使った試験で治療効果を確認しており、iPS細胞・ES細胞などよりも早期の実用化が実現できるものと期待されています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ MTC001 VCF メトセラ 効率化 医療 心不全 心臓 心臓線維芽細胞 株式会社 治療 研究開発 細胞 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

意欲的な学生のためのプラットフォーム「croom college」運営の「croom」が資金調達
2020年1月24日、株式会社croomは、資金調達を実施したことを発表しました。 学生の効率的なインプット、効果的なアウトプット、そしてキャリア選択を一気通貫で行えるプラットフォーム「croom c…
パッケージ印刷プラットフォーム「canal」運営の「re」が5,600万円調達
2020年12月8日、株式会社reは、総額約5,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 パッケージ印刷プラットフォーム「canal(カナル)」を運営しています。 全国に提携印刷会社を有して…
お金のオンラインチャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」など運営の「400F」が3.6億円調達
2022年1月26日、株式会社400Fは、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 お金のオンラインチャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」や、お金の悩み・疑問を解決するW…
クラウド営業支援ツール「Senses」 VC19社と提携してスタートアップ支援プランを提供開始
2021年12月22日、株式会社マツリカは、提供するクラウド営業支援ツール「Senses」において、ベンチャーキャピタル19社と提携し、スタートアップ支援プランの提供を開始したことを発表しました。 こ…
クラウド受付システム運営の「RECEPTIONIST」が資金調達
2021年7月19日、株式会社RECEPTIONISTは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、グローバル・ブレイン株式会社です。 クラウド受付システム「RECEPTIONIST」や、日程…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ