波力発電の実現に取り組む「音力発電」が1.25億円調達

company

2021年9月17日、株式会社音力発電は、総額1億2,580万円の資金調達を実施したことを発表しました。

海の波を利用して発電する仕組みである波力発電の実現に取り組んでいます。

海上への設置が簡単で耐久性もある発電装置を開発し、2018年に第1号試作機を完成させています。

音力発電の開発する循環型波力揚水発電技術は、波力発電における3大課題(海洋生物対策(コスト)、台風等高波対策(安全性)、漁業との兼ね合い)を一度に解決することを目指しています。

NEDO事業「2019年度新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」(フェーズA(実行可能性調査))に採択されています。今回、フェーズC(実用化研究開発)への事業継続が採択されました。

クリーンな再生可能エネルギーは、持続可能社会の実現のために必要不可欠です。

再生可能エネルギーでは太陽光や風力などがメジャーな発電方法ですが、波の運動エネルギーを利用して発電する波力発電が注目を集めています。

波の運動エネルギーは風力よりも強い力であるため、面積あたりの発電効率が優れており、太陽エネルギーの約20~30倍、風力発電の約5倍ともいわれています。

しかし波の運動は行ったり来たりをくり返す直線的なものであり、発電するための回転運動に変換するために大掛かりな装置・施設が必要となり、発電の際の損失が大きくなってしまうことや、装置・設備のコストがかかることが課題となっています。

また波力発電施設は海流の流れが活発な場所に作ることが望ましいため、漁業とバッティングしてしまうことも課題となっています。

そのため波力発電の実現のためには、小規模かつ高効率な装置・施設の実現が必要となっています。

起業ではオフィス、電気、インターネットなど様々な契約が必要となります。なるべくコストを抑えたいと考えるのが起業家です。しかし、環境・社会・ガバナンスに関するサスティナブルな取組みを行っている企業に投資するESG投資が注目されていることもあり、コストだけではなく中長期的な面を考慮するのもよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、オフィス契約の際の注意点などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SDGs 再生可能エネルギー 循環型波力揚水発電技術 株式会社 波力発電 発電 自然エネルギー 装置 資金調達 開発 電気 音力発電
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

EC業務効率化AI提供の「GAUSS」が資金調達
2020年4月30日、株式会社GAUSSは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、西川コミュニケーションズ株式会社です。 GAUSSは、EC業務を効率化するAIを研究開発・提供しています。…
自宅や職場で生活習慣病セルフチェック「AMI指先採血キット」が販売開始
2020年12月10日、AMI株式会社は、「AMI指先採血キット(管理医療機器承認番号:22600BZX00362000)」と「クラウド健進」をリリースすることを発表しました。 「AMI指先採血キット…
クリエイター・プロダクション事業など展開の「BitStar」が10億円調達
2020年8月17日、株式会社BitStarは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クリエイター・プロダクション「BitStar」や、コンテンツ・スタジオ「BitStar Studi…
無人コンパクト・ホテル「mizuka」運営の「Hosty」が6億円調達
2020年1月31日、株式会社Hostyは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 無人コンパクト・ホテル「mizuka(ミズカ)」を運営しています。 ホテルの予約から、チェックイン、ゲ…
AI・ICTを活用した福祉プラットフォーム提供の「ウェルモ」が11.7億円調達
2019年8月22日、株式会社ウェルモは、総額11億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護業務であるケア・プランの作成を支援するAIエンジン「CPA(ケアプランアシスタント)」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ