注目のスタートアップ

チケット販売・管理システムを展開する「ECBOスクエア」が1.2億円調達

company

2022年4月4日、株式会社ECBOスクエアは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

直近では、2021年12月6日に総額4億6,000万円の資金調達を実施しています。

ECBOスクエアは、チケット管理システム「tDC 票券」、在庫連携データベース「tDC 在庫共有」、Web販売システム「tDC 販売ASP」の提供とAPI連携により、低コスト・ノーコードでチケット販売システムを構築できる標準的プラットフォームを提供しています。

今回の資金は、ソフトウェアエンジニア・カスタマ-サポート人材の採用、プロダクトの機能拡充・アップデートに充当される予定です。

コロナ禍により大きな歯止めがかかっていますが、音楽ライブなどのライブエンターテイメント市場やスポーツビジネスは、コト消費(体験型消費)への消費活動の転換により、大きく市場を拡大していました。

一方で、ライブエンターテイメントでは、チケットの高額転売が大きな課題となっています。チケットの高額転売は、事業者側には転売を行う者の大量アクセスによってシステムが不安定になってしまうこと・二次流通の利益が入ってこないこと、利用者側には欲しいチケットが手に入らないこと・転売された高額なチケットを買わなくてはならないといった不利益をもたらします。

チケットと個人情報を紐付け、入場の際には身分証を提示しなくては入場できないという対策もありますが、入場に関する業務負担が増大すること、チケット購入者が開催日前に来場できなくなった際に知り合いにチケットを譲ったりすることができないという課題があります。

そのため、チケットの不正転売を根本的に防止するためには、電子チケットの普及と2次流通プラットフォームの構築が必要となります。ECBOスクエアは、ライブエンターテインメント領域におけるこういった課題を解決するため、チケット流通プラットフォームを提供しています。

また、チケット管理・流通だけでなく、飲食・物販、自社Webサイト・EC、マーケティング、会場などとデータ連携することにより、興業全体のDXを実現するものとして仕組みを構築しています。

生産性の向上のためにはシステムの導入が有効です。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ECBOスクエア tDC エンターテインメント スポーツ・ビジネス チケット ライブ 株式会社 流通 管理 販売 資金調達 音楽ライブ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

小規模分散型水循環システムを開発する「WOTA」 「水ing」からの出資が決定
2022年9月26日、WOTA株式会社は、水ing株式会社から出資を受けることが決定したと発表しました。 WOTAは、持ち運べる水再生プラント「WOTA BOX」・水循環型手洗いスタンド「WOSH」の…
リノベーション・プラットフォーム運営の「リノベる」が40億円調達へ
2019年11月18日、リノベる株式会社は、総額40億円規模の資金調達を実施することを発表しました。 また、NTT都市開発株式会社と資本業務提携について基本合意したことも併せて発表しました。 リノベる…
訪問看護における看護師のマッチングサービス「chokowa」を開発する「Cone・Xi」が2,000万円調達
2022年9月29日、株式会社Cone・Xiは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Cone・Xiは、訪問看護における看護師マッチングと、訪問スケジュール機能を提供する「cho…
都内で次世代型シェアリングIoT農園を展開する「プランティオ」が1.3億円調達
2022年3月22日、プランティオ株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベランダ、ビルの屋上、マンションの屋内などあらゆる場所での野菜栽培を可能にする次世代型アグ…
チャット小説アプリ「CHAT NOVEL」運営の「CHAT NOVEL」が資金調達
2019年12月17日、株式会社CHAT NOVELは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社ストライドから株式会社CHAT NOVELへの社名変更を実施し、株式会社newnより「CH…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ