注目のスタートアップ

チケット販売・管理システムを展開する「ECBOスクエア」が1.2億円調達

company

2022年4月4日、株式会社ECBOスクエアは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

直近では、2021年12月6日に総額4億6,000万円の資金調達を実施しています。

ECBOスクエアは、チケット管理システム「tDC 票券」、在庫連携データベース「tDC 在庫共有」、Web販売システム「tDC 販売ASP」の提供とAPI連携により、低コスト・ノーコードでチケット販売システムを構築できる標準的プラットフォームを提供しています。

今回の資金は、ソフトウェアエンジニア・カスタマ-サポート人材の採用、プロダクトの機能拡充・アップデートに充当される予定です。

コロナ禍により大きな歯止めがかかっていますが、音楽ライブなどのライブエンターテイメント市場やスポーツビジネスは、コト消費(体験型消費)への消費活動の転換により、大きく市場を拡大していました。

一方で、ライブエンターテイメントでは、チケットの高額転売が大きな課題となっています。チケットの高額転売は、事業者側には転売を行う者の大量アクセスによってシステムが不安定になってしまうこと・二次流通の利益が入ってこないこと、利用者側には欲しいチケットが手に入らないこと・転売された高額なチケットを買わなくてはならないといった不利益をもたらします。

チケットと個人情報を紐付け、入場の際には身分証を提示しなくては入場できないという対策もありますが、入場に関する業務負担が増大すること、チケット購入者が開催日前に来場できなくなった際に知り合いにチケットを譲ったりすることができないという課題があります。

そのため、チケットの不正転売を根本的に防止するためには、電子チケットの普及と2次流通プラットフォームの構築が必要となります。ECBOスクエアは、ライブエンターテインメント領域におけるこういった課題を解決するため、チケット流通プラットフォームを提供しています。

また、チケット管理・流通だけでなく、飲食・物販、自社Webサイト・EC、マーケティング、会場などとデータ連携することにより、興業全体のDXを実現するものとして仕組みを構築しています。

生産性の向上のためにはシステムの導入が有効です。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ECBOスクエア tDC エンターテインメント スポーツ・ビジネス チケット ライブ 株式会社 流通 管理 販売 資金調達 音楽ライブ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

福祉業界向け確定給付型年金制度「福祉はぐくみ企業年金基金」など運営の「ベター・プレイス」が5.4億円調達
2021年12月22日、株式会社ベター・プレイスは、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 福祉業界向け確定給付型年金制度「福祉はぐくみ企業年金基金」の委託運営・導入支援や、福…
コーチングサービス提供の「mento」(旧:ウゴク)が3.3億円調達
2022年4月6日、株式会社mentoは、3億3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルWiL, LLCが運営するベンチャー投資…
AI英会話アプリやオンライン英語コーチング運営の「スピークバディ」が3億円調達
2020年8月20日、株式会社スピークバディは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI英会話アプリ「スピークバディ」や、オンライン英語コーチング「スパルタバディ」を開発・運営していま…
株式投資型クラウドファンディング「Unicorn」1号案件の「スポットツアー」の資金調達を5分で達成
株式会社ユニコーンは、「Unicorn」の第1号案件としてスポットツアー株式会社の株式の募集を2019年7月22日に行い、目標募集額の5,000万円を達成したことを発表しました。 この目標金額は、わず…
ホテル&レジデンス・ブランドの「Sanu」が1億円調達
2020年8月7日、株式会社Sanuは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ホテル&レジデンス・ブランド「SANU」を展開しています。 第1弾のサービスとして、「SANU 2nd Ho…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ