カンボジアBOPファイナンス事業や小型家電リサイクル事業など展開の「リネットジャパングループ」が1億円調達

2020年7月28日、リネットジャパングループ株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

これは、百五銀行が取り扱う「百五SDGs私募債(企業応援型)」によるものです。

リネットジャパングループは以下の事業を展開しています。

「カンボジアを中心とした海外事業」
・マイクロファイナンス
・マイクロ保険
・自動車販売・リース
・技能実習生の育成(カンボジア・インドネシア・ミャンマー)と日本への送出し

「小型家電リサイクル事業」
・「環境省・経済産業省の認定事業者」としてパソコン・小型家電回収
・知的障がい者の雇用創出

「リユース事業」
・トヨタ生産方式を活用した、日本最大級インターネット中古書店
・「本、ゲームソフト、ホビー・フィギュア、ブランド品」の買取・販売

マイクロファイナンスとは、新興国・途上国の貧困層・低所得者を対象に、貧困を脱出するために行うビジネスに対して実行する小規模金融のことです。

貧困層への小規模融資の普及を行っていたグラミン銀行と創始者であるムハマド・ユヌス氏は功績が認められ、2006年にノーベル平和賞を受賞し、これを機にマイクロファイナンス事業を展開する機関がいくつも設立され、世界的に普及しています。

実際に貧困層の事業拡大による貧困の緩和や、女性の新規事業立ち上げなどに成功事例が報告されていることから、マイクロファイナンスは貧困の改善に効果があるとみられています。

SDGs(持続可能な開発目標)は人類として長期的に取り組んでいかなくてはならないことですが、これはビジネスチャンスでもあります。もちろん社会課題を解決しなくてはならないのでハードルは高いのですが、その分資金の援助が受けやすいという面もあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスの創造・成長にとって役に立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SDGs カンボジア ネットオフ マイクロ・ファイナンス リサイクル リネット リネットジャパングループ リユース 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ