注目のスタートアップ

データ人材プラットフォーム展開の「SIGNATE」がMBO 6億円を調達

company

2022年4月1日、株式会社SIGNATEは、経営陣によるマネジメント・バイアウト(MBO)を実施するとともに、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、データスキルマネジメントSaaS「SIGNATE Cloud」を同日にローンチしたことも発表しました。

SIGNATEは、AI/データ分析人材が登録するデータサイエンスプラットフォーム「SIGNATE」を構築しています。

このプラットフォームでは、企業・行政が抱えるデータ課題に登録人材が挑戦し、コンペ方式で最高性能のAIを開発するコンペサービス「SIGNATE Competition」や、AI/データサイエンスを実践形式で学ぶことができる学習サービス「SIGNATE Quest」を展開しています。

ローンチされたデータスキルマネジメントSaaS「SIGNATE Cloud」は、社員のデータスキルを可視化するスキルアセスメントや、社内限定のコンペ開催など、優秀な社員の発掘やレベルに応じた育成を行うことができるサービスです。

今回の資金は、「SIGNATE Cloud」の展開強化などに充当されます。データスキルの客観的評価法の検定化など社会の公器として活用できるサービスとしての成長を目指しています。

経済産業省は、日本のDX(デジタルトランスフォーメーション)が実現できなかった場合、2025年以降、最大で12兆円/年の経済損失が生じる可能性を指摘し、これを2025年の崖と呼んでいます。

DXではデジタル化によって得られたデータをいかに活用するかが重要ですが、多くの企業ではデータを分析・活用するための基盤がないこと、データを扱う人材がいないことが課題となっており、本質的なDXが進んでいません。

特にデータサイエンティストなどのデータ人材は重要な存在であり、数少ない人材の中から、自社の課題に合った人材を活用することも求められるため、企業では大きな課題となっています。

SIGNATEは、AI/データ分析人材の活用・育成のためのプラットフォーム「SIGNATE」の運営により、DX推進の基礎となるデータ人材の課題の解決に取り組んでいます。また、今回ローンチしたSaaS「SIGNATE Cloud」により、外部人材の活用だけでなく、組織内部の人材の育成も手がけることで、企業のデータ人材の活用・育成を様々な角度から支援していくようです。

企業の成長には人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX MBO SIGNATE SIGNATE Cloud スキル データ データサイエンス データサイエンティスト データ分析 人材 教育 株式会社 育成
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アート作品のためのブロックチェーン証明書「Cert.」など展開の「スタートバーン」が11.2億円調達
2021年5月12日、スタートバーン株式会社は、総額11億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アート流通のためのブロックチェーンインフラ「Startrail」や、アート作品の信頼性…
Webサイト多言語化の「Wovn Technologies」とデジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が業務提携
2020年10月13日、Wovn Technologies株式会社は、株式会社Sun Asteriskと業務提携を開始したことを発表しました。 Wovn Technologiesは、Webサイト多言語…
超高速の品種改良xスマート養殖による水産養殖システムを開発する「リージョナルフィッシュ」が2億円調達
2020年6月30日、リージョナルフィッシュ株式会社は、総額1億9,920万円の資金調達を実施したことを発表しました。 京都大学大学院農学研究科 木下政人助教、近畿大学水産研究所 家戸敬太郎教授らを創…
契約書レビューAIクラウド「LeCHECK」提供の「リセ」が5.5億円調達
2021年11月24日、株式会社リセは、総額5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 契約書レビューAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」を開発・提供しています。 「LeCHE…
フリーランス向け報酬即日払いサービス提供の「yup」とエンジニアの成長支援サービス運営の「Value market」が業務提携
2021年1月28日、yup株式会社は、株式会社Value marketと業務提携契約を締結したことを発表しました。 yupは、フリーランス向け報酬即日払いサービス(オンライン型ファクタリング・サービ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ