OOH広告のDXを推進するプラットフォーム提供の「PalledAd」が総額2,000万円調達

company

2020年10月1日、株式会社PalledAdは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

OOH広告(屋外広告・交通広告)のDX推進を進めるプラットフォーム「AdVice」「AdRes」を提供しています。

「AdVice」は、OOH広告の取引に、インターネット広告と同様の自動買付の仕組みを導入するサービスです。これにより、広告代理店に依頼した場合、7日間かかっていた時間を1時間ほどで完了できたり、代理店に依頼した場合と比較して、同一予算で2~3倍のリーチ数確保が実現できます。

「AdRes」は、広告効果の可視化・予測ができるサービスです。人流ビッグデータ解析や、視認率把握のためのVR技術などを活用し、不透明だったOOH広告の効果を可視化するものです。

プロダクトは2020年10月現在β版テスト中です。

広告を出稿する際、その媒体にどのような人がどれくらい集まっているかを把握し、検討・比較しています。

電通によると、2019年の広告費の比率は、インターネット広告費は30.3%で、屋外広告は4.6%、交通広告は3.0%となっています。OOH広告の構成比自体は高くないものの、広告費は年々伸長しており、注目されているのがわかります。

しかしOOH広告は効果測定が難しいため、出稿したくてもできない企業が存在するのが課題となっています。また、OOH広告の空き状況についても、媒体の所有者に個別に確認をとる必要があり、現代に必要とされているスピーディな広告展開ができないことも課題のひとつです。

OOH広告はデジタル・マーケティングではリーチできない層にリーチできるため、出稿のハードルが低くなることで大きく成長する可能性があります。

創業期にはコスト不足のため、満足なPRを行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、ネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AdRes AdVice DX OOH広告 PalledAd パルダッド プラットフォーム 交通広告 屋外広告 広告 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ