注目のスタートアップ

「47agent」が2,800万円調達 転職エージェント専用のアライアンスプラットフォーム「47agent」をリリース

company

2022年9月30日、47agent株式会社は、総額2,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「47agent」を2022年10月1日に正式リリースすることも併せて発表しています。

「47agent」は、転職エージェント専用のアライアンスプラットフォームです。

転職エージェントが情報を共有し合うことで、より多くの求職者・転職先を紹介できる環境を構築することを目指しています。

今回の資金は、システム機能強化、カスタマーサポート体制の強化、組織の拡充に充当します。

転職エージェントとは、クライアント企業にマッチした人材を紹介し、その紹介手数料を収益とするビジネスです。人材紹介業とも呼ばれています。

厚生労働省の「厚生労働省職業紹介事業報告書」の手数料収入(いわゆる売上)を確認すると、2000年に約867億円だったものが、2020年には約5,240億円と大きく成長しているのがわかります。

転職エージェントが成長している理由としては、企業にマッチした人材をかなりの確率で獲得できること、希望にマッチした企業を転職者に紹介できることが大きいといわれています。

日本は人口減少によって人手不足に陥っていますが、母数が少ない状況では、従来のような求人広告では母集団を集めることが難しいため、必要な人材を採用することも困難です。

またテクノロジーの発展などにより仕事の内容が高度化・細分化しているため、さらに最適な人材を見つけることが難しくなっています。このことから転職エージェントに力を借りる企業・転職者が増えています。

一方で、転職エージェントは、自社に登録する企業・転職者しか紹介することができません。そのため良い求人・転職者があっても紹介できないケースがあります。

47agentは、転職エージェント同士で求人・転職者の情報を共有できるプラットフォームを提供することで、この課題を解決することを目指しています。

企業の成長には人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 47agent エージェント 人材採用 株式会社 正式リリース 資金調達 転職 転職エージェント
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

効率的な営業活動・カスタマーサクセスのためのアクション基盤「SuccessHub」が正式ローンチ
2022年8月4日、コミューン株式会社は、「SuccessHub(サクセスハブ)」を正式にローンチしたことを発表しました。 「SuccessHub」は、効率的な営業活動・カスタマーサクセスのためのアク…
商用EV車両の製造・販売を行う「EVモーターズ・ジャパン」が1億円調達
2022年6月2日、株式会社EVモーターズ・ジャパンは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、台北市に本社を置く、国際的なODM設計・製造メーカーWistron Corporati…
「ジェネシア・ベンチャーズ」が設立から約4年間の投資・支援実績のインフォグラフィックを公開
2020年12月22日、株式会社ジェネシア・ベンチャーズは、インフォグラフィックを公開したことを発表しました。 このインフォグラフィックは、2017年12月と2020年9月に最終募集を完了した、1号フ…
モバイル・アプリ・プラットフォーム「EAP」展開の「ランチェスター」が1億円調達
2019年10月3日、株式会社ランチェスターは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 モバイル・アプリ・プラットフォーム「EAP」を提供しています。 モバイル・アプリ、クラウド、ビッグ・デー…
標的タンパク質分解誘導剤開発の「ファイメクス」が11.75億円調達
2022年1月24日、ファイメクス株式会社は、総額11億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 標的タンパク質分解誘導薬の開発と、標的タンパク質分解誘導薬の創薬プラットフォーム「RaP…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ