家具・家電のサブスクリプションサービス運営の「クラス」が「三菱地所」のオフィス家具の引取・販売サービス「エコファニ」と提携

tips

2022年3月15日、株式会社クラスは、三菱地所株式会社のオフィス家具の引取・販売サービス「エコファニ」と提携することを発表しました。

クラスは、家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」を運営しています。

月額440円(税込)から家具・家電の利用・交換が行えるサービスです。返却された品物は、専門のリペア職人により修繕・リフレッシュを行っています。

三菱地所の「エコファニ」は、オフィス家具を引き取り、ビジネス街の直営ショールーム兼倉庫で検品・清掃・展示・販売を行うサービスです。

オフィスに家具を備えつけた状態で賃借するセットアップオフィスにも提供しているほか、サブスクリプションモデルでの提供も行っています。

今回の提携により、「エコファニ」のリユース家具の一部を「CLAS」で取り扱うことにより、法人へのニーズだけでなく、テレワークなど個人へのニーズもカバーします。

今後「CLAS」は外部サービスとの連携などを通じ、循環型の利用を促進してきます。

家具・家電のサブスクリプションサービスは、初期費用が安いことや、処分費用がかからないこと、模様替えのハードルが下がることなど様々なメリットがあります。また、家具・家電の廃棄の削減にも資するため、循環型社会の実現のためにも社会実装が望まれています。

家具・家電のサブスクリプションサービスは、個人だけでなく企業にとっても便利なサービスです。気軽に様々なオフィス家具を試すことができれば、快適なオフィスを構築しやすくなり、結果的に生産性の向上にもつながるでしょう。また、創業期は少しでもコストを抑えたいため、初期費用を抑えられるサブスクリプションサービスはこれからさらに利用が伸びていくと考えられます。

一方で、家具・家電のサブスクリプションサービスでは、ひとつのサービスが取り扱っている家具に限りがあることが課題です。購入する場合は様々な家具・家電を選べますが、サブスクリプションサービスでは望んだような家具・家電が存在しないケースもあるでしょう。

そのため家具・家電サブスクリプションサービスでは、取り扱う商品を拡大することが必要です。しかし、取り扱う商品が増加すればするほど保有に関するコストは増大しますし、利用されない家具・家電が出てくる可能性があります。

「CLAS」は、自社サービスだけで商品数を拡大するのではなく、各外部サービスと連携することで取扱商品数を拡大していくようです。今後、このモデルがサブスクリプションサービスのひとつの成功例となるのか、また、どのように展開されていくのか注目が必要です。

株式会社クラスのコメント

このニュースを受けまして、株式会社クラスよりコメントが届きました。

・今回の提携の目的は何ですか?

オフィス家具を廃棄せず、フレキシブルなワークスタイルに対応するとともに、サステナブルな「ものを捨てない社会づくり」を実現することが目的です。

サブスクリプションサービスを通じて貸出から返却までのスキームを培ってきたCLASと、やむを得ず廃棄されるオフィス家具のサステナブルな活用を目指す「エコファニ」は、相乗効果を高めて循環型社会に貢献できると感じ、この度の提携となりました。

・今後の展望を教えてください。

この度の提携はレベニューシェア契約を結んでおりますので、事業収益を分配しながら新規顧客の開拓や、実際に使ったユーザーの生の声を聞いてサービス改善に反映させていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

オフィス移転時に、オフィス家具を廃棄したご経験はありませんか?
もったいないと思いながら、保管場所をとるので加湿器や冷温風器を廃棄したご経験はありませんか?

「捨てる」「保管する」ではない選択肢をCLASがご用意します。
必用な時に、必要な期間だけ、必要な量の提供が可能です。

外部環境によりオフィス空間のあり方が変化しつつある今、CLASの提案をご検討されてはいかがでしょうか。

オフィス家具のひとつであるオフィスチェアは、生産性の向上において費用対効果が高いとされています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、オフィスチェアの効果について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CLAS エコファニ オフィス家具 クラス サブスクリプション リユース 三菱地所 家具 家電 株式会社
関連記事はこちら

創業期のオフィス作りの最適解!注目の家具サブスクリプション

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エンジニア採用サービス「Findy」がエンジニアの対外発信力を数値化する新機能をリリース
2020年12月23日、ファインディ株式会社は、「Findy」において新機能「発信力レベル」をリリースしたことを発表しました。 「Findy」は、ハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする転職サービ…
再生可能エネルギーなどエネルギー・サービス事業の「Looop」が28.3億円調達
2020年6月30日、株式会社Looopは、総額28億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ENEOS株式会社、NECキャピタルソリューション株式会社、双日株式会社、日本グ…
AI契約書レビュー支援ソフト提供の「LegalForce」が10億円調達
2020年2月21日、株式会社LegalForceは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自然言語処理を用いた、クラウド型の契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を開…
ファッションメディア運営などの「STYLICTION」が1億円調達
STYLICTION株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 完全オリジナル・コンテンツのファッション・メディア・アプリ「itSnap」と、Webメディア「itSnap Mag…
人事労務クラウド・ソフト「オフィスステーション」が就業管理システム「クロノスPerformance」と2月から連携
2021年1月7日、株式会社エフアンドエムは運営する「オフィスステーション」において、クロノス株式会社が提供する「クロノスPerformance」と2021年2月からAPI連携を開始することを発表しま…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ