長距離量子暗号通信の研究開発を行う「LQUOM」が光学単結晶・光学デバイス技術を保有する「オキサイド」と資本業務提携

tips

2022年5月18日、LQUOM株式会社は、株式会社オキサイドと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

LQUOMは、長距離量子暗号通信の研究開発を行っています。

オキサイドは、光学単結晶・光学デバイス技術の製造・開発を行っています。

今回の提携により、オキサイドはLQUOMに、量子もつれ光源のキーデバイスである高品質波長変換素子と、量子中継器で利用される高品質光学単結晶・高機能波長変換導波路素子を供給します。

量子コンピューターは、量子力学というミクロな系の力学を説明する物理学の理論を利用した、新たな仕組みのコンピューターです。

量子コンピューターは、我々が現在利用しているコンピューターでは膨大な時間がかかっていた計算を瞬時に解くことができるため、次世代のコンピューターとして世界中で研究開発が進められています。

量子コンピューターにはいくつか方式があり、特定の計算に特化した量子コンピューターはすでに実用化されています。一方で、汎用的に使える(現在のコンピュターを代替するような)量子コンピューターはまだ研究段階にあり、実用化は2030年以降になるといわれています。

量子コンピューターの理論上の計算速度は非常に速いため、現在利用されている暗号化や暗号通信は瞬時に解読されてしまうことになります。そのため、量子コンピューターを実用化するには、同時に高度なセキュリティ・暗号化技術・暗号通信技術が必要となるのです。

そこで、新たな暗号通信として、量子力学にもとづいた量子暗号通信の研究が行われています。現在実用化にあたって有力とされている技術では、秘密鍵を光子(光の粒子、フォトン)に乗せて光ファイバーで送るというものとなっています。

しかし光ファイバーは距離が伸びるごとに外的要因による影響を受け、正しい情報が伝えにくくなるという課題があり、製品レベルでは100~200キロメートル程度が限界となっています。

LQUOMは、この量子暗号通信の距離の問題を解決するため、量子中継器の研究・開発を行っています。

最先端技術の開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ LQUOM オキサイド デバイス レーザー 光学 単結晶 技術 株式会社 研究開発 資本業務提携 通信 量子コンピューター 量子力学 量子暗号通信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オフィス・セキュリティの「セキュア」が資金調達
2020年1月8日、株式会社セキュアは、資金調達を実施したことを発表しました。 AIや防犯カメラなどを活用した入退室管理などの、オフィス・セキュリティ事業を展開しています。 今回の資金は、研究開発や人…
無料でインドネシア・シンガポールなどASEANの主要なECモールに出品できるECプラットフォーム「ECインスタント」がリリース
2020年9月8日、株式会社イー・エージェンシーは、「ECインスタント」を開始したことを発表しました。 「ECインスタント」は、10商品(SKU)まで無料で商品登録でき、販売から在庫管理まで販売手数料…
医薬品情報プラットフォームを開発する「MediFrame」が8,000万円調達
2022年4月5日、株式会社MediFrameは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MediFrameは、医薬品情報プラットフォーム「MediFrame」を開発しています。 …
家庭用プラズマ美顔器「Un」の「傳心堂」が6,300万円調達
2021年9月1日、株式会社傳心堂は、総額6,3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 先端技術を活用した美容機器の開発を行うビューティーテックベンチャーです。 プラズマ美顔器「Un(アン…
「Lbose」運営の新規事業開発チーム「ATTEND biz」が「ヒトバデザイン」と共同で働く場所の記録共有サービスをスタート
2021年1月18日、株式会社Lboseは、運営する新規事業開発チーム「ATTEND biz(アテンドビズ)」と、株式会社ヒトバデザインが共同で、「SMART WORK KIT(スマートワークキット)…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ