風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が資金調達

company

2021年11月24日、レラテック株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

風況観測、風況シミュレーション、風況解析事業を展開しています。

風況観測事業では、風力発電事業において必要となる風況観測を、国内外の規格やガイドラインにもとづいて高品質かつ安定的に実施しています。

風況シミュレーション事業では、開発エリアの条件を考慮して最適なシミュレーションモデルを選択し提案しています。

風況解析事業では、開発エリアの観測・シミュレーションの結果をもとに、発電量評価やサイト風条件評価を実施しています。

今回の資金は、風況観測において必要となるドップラーライダー観測機材の設備投資に充当されます。

レラテックは、神戸大学の研究成果を活用して起業した神戸大学発ベンチャーです。

SDGs(持続可能な開発目標)が示されたことにより、世界的にクリーンなエネルギーである再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みが推進されています。

日本における2020年の再エネ割合は20.8%と推計されており、2030年度には再エネ割合を36~38%とする方針を示しています。

再生可能エネルギーには、太陽光、風力、地熱、、水力、バイオマスなどがあります。

世界では再生可能エネルギーは風力発電が主流なものとなっています。

日本では風況や台風などの自然条件が理由となって風力発電の導入が遅れています。

とはいえ、台風にも耐えうる風車が量産化されていることや、洋上風力発電設備のコストの低減などもあり、今後日本においても風力発電の導入が進んでいくと考えられています。

2018年に「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律」が制定され、事業者の公募も始まりました。

また官民協議会による「洋上風力産業ビジョン」が取りまとめられるなど、政府・企業ともに洋上風力発電への意欲がみられます。

起業ではオフィス、電気、インターネットなど様々な契約が必要となります。なるべくコストを抑えた契約をしたいと考えるのが起業家です。また、環境・社会・ガバナンスに関するサスティナブルな取組みを行っている企業に投資するESG投資が注目されていることもあり、コストだけではなく中長期的な面を考慮するのもよいかもしれません。「冊子版創業手帳」では、オフィス契約の際の注意点などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ シミュレーション 再生可能エネルギー 株式会社 神戸大学 観測 解析 資金調達 風力発電 風況
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データによる都市開発の最適化を目指す「scheme verge」が2.2億円調達
2021年9月10日、scheme verge株式会社は、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 データによる都市開発の最適化を目指しています。 また、余暇・観光体験プラット…
量子アニーリング研究開発ソリューション提供の「シグマアイ」が4億円調達
2019年12月3日、株式会社シグマアイは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2B向けに、量子アニーリング・マシンを活用した総合ソリューションを提供しています。 具体的には、量子…
共同購入型越境ECサービス運営の「douzo」が1億円調達
2021年6月23日、株式会社douzoは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本の商品を安く海外に届ける共同購入型越境ECサービス「DOUZO」を運営しています。 海外では高価で買…
完全オンライン型の企業変革コンサルティングサービス「Online Business Transformation(OBX)」がリリース
2020年5月13日、株式会社ライズ・コンサルティング・グループは、「Online Business Transformation(OBX)」の提供を開始することを発表しました。 「OBX」は、完全オ…
動画制作プラットフォーム展開の「Crevo」が2億円調達
2020年5月26日、Crevo株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施たことを発表しました。 動画制作プラットフォーム「Crevo」や、クリエイティブ制作に特化した制作管理ツール「Crevo Bas…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ