日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPY Coin)」の「JPYC」が5億円調達

company

2021年11月10日、JPYC株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPY Coin)」の発行・販売を行っています。

「JPYC」は、日本初のブロックチェーン技術(ERC20)を活用した日本円連動ステーブルコインです。

今回の資金は、JPYC発行体としての安定化や、運営力・開発力の強化、第三者型前払式支払手段の取得に充当されます。

いまやブロックチェーン技術は様々な領域で活用されています。

しかしビットコインなど、ブロックチェーン技術を活用した暗号資産(仮想通貨)は、もっぱら投資やマイニングの対象であり、あまり物の購入手段として利用されてはいません。

当初、暗号資産は決済手数料が安く抑えられることや、国境を超えた取引が容易であることが注目されていました。

しかし価格の変動が大きいことから、通貨として活用しづらい状況となっています。

購入手段として利用するため、価格があまり変動しない暗号資産であるステーブルコインが登場しました。

価格を安定させる仕組みはいくつかあり、「JPYC」は法定通貨である円を担保とすることで価格を安定させています。

非常に安定した仕組みであるため、今後認知が進み、市場からの信頼を得ることができれば、既存の法定通貨と同じように取引に利用できるようになっていくと考えられます。

また、ステーブルコインなどはまだ法の整備が進んでいない領域であるため、この領域に参入しようとする事業者は日銀のデジタル通貨関連の発言にも気を配る必要があるでしょう。

事業者が活用できる決済手段には様々なものがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。「冊子版創業手帳」では、各種決済方法を比較し、メリット・デメリットをわかりやすく表にまとめています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ JPY Coin JPYC ステーブルコイン ブロックチェーン 仮想通貨 日本円 暗号資産 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デザイナーズ・トイを扱うキャラクター雑貨ブランド「tretoy」運営の「アダビト」が資金調達
2020年11月26日、株式会社アダビトは、資金調達を実施したことを発表しました。 海外で人気のデザイナーズ・トイを中心に扱うキャラクター雑貨ブランド「tretoy(トレトイ)」を運営しています。 デ…
AIによる配達ルート最適化サービス提供の「オプティマインド」が10.13億円調達
2019年10月24日、株式会社オプティマインドは、総額約10億1,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを活用し、ラスト・ワン・マイルの配送ルートを短時間で計算するクラウド・サービ…
「マネーフォワード」が年内に仮想通貨取引所を開設へ
平成30年5月23日、株式会社マネーフォワードは、ブロックチェーン領域のビジネスを行う新会社を設立したと発表しました。 新会社名は「マネーフォワードフィナンシャル」で、平成30年からブロックチェーンに…
「TWIN PLANET」が個人に寄り添い活動をサポートするタレント向けサービス「BPS(ビジネスパーソナルサービス)」を開設
2020年5月29日、株式会社TWIN PLANETは、「BPS(ビジネスパーソナルサービス)」を開設したことを発表しました。 「BPS」は、芸能人、歌手、スポーツ選手、文化人などを対象に、所属事務所…
工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」運営の「ファースト・オートメーション」が1億円調達
2021年10月29日、株式会社ファースト・オートメーションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」の開発・運営や、工場自動化提案コ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ