アクセラレータプログラム「第5期MURCアクセラレータLEAP OVER」参加者募集中 12/23締切

subsidy

2021年10月25日、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、「第5期MURCアクセラレータLEAP OVER」の参加募集を10月25日から開始することを発表しました。

“持続可能な地域社会をビジネスで実現すること”を目指すアクセラレータープログラムです。

第5期は以下の3つにフォーカスしてスタートアップを募集します。
・グリーンテック(再生可能エネルギー、3R・環境ビジネス等)
・既存産業DX
・ライフ・ワーク改革

プログラムでは、約4カ月間かけ、パートナー企業・自治体の協力を得ながら、実証実験などを通じて事業提携の可能性を模索するほか、ビジネスの成長を目指します。

また、スタートアップに対し投資家情報・資本政策情報を提供します。

最終成果報告会「LEAP DAY」において最優秀賞を決定し、受賞企業には事業支援金として50万円を提供します。

「参加資格」
以下のすべてを満たす者。
・日本国内で法人格を有し、既に事業運営が開始されていること
・AI、IoT、Robotics等の技術を有し、プログラム期間中にサービスまたはプロトタイプを作成する能力・体制があること(外部のリソース活用も可)
・プログラムには、原則意思決定可能な代表者が参加すること
・2次選考時点において、決算書(2期分)、履歴全部事項証明書を提出できること
・反社会的勢力に該当しないこと
・ビジネスプランが公序良俗に反していないこと

「参加者募集締切」
2021年12月23日(木)

「パートナー」
・三菱電機株式会社
・株式会社ウエストホールディングス
・三谷産業株式会社

「協力自治体」
・宇部市
・越前市
・大阪府
・北九州市
・久留米市
・気仙沼市
・神戸市
・西条市
・渋谷区
・裾野市
・仙台市
・つくば市
・新潟県
・八幡平市
・福岡県
・前橋市

SDGs(持続可能な開発目標)では、取り組みの実施主体として明確に企業が位置づけられています。

すこし前まではSDGsはコストとして捉えられていましたが、取り組みが浸透し消費者の意識も変化してきていることなどから、ビジネスチャンスとして捉える企業が多くなってきました。

社会課題を解決するアイデアをビジネスで実現しようとする企業も多数登場していますが、社会課題は社会と密接に関わっているため、自治体などとの協力が必要不可欠なケースがあります。

しかし、自社のアイデアを適用できる社会課題を抱える自治体をみつけることが困難であったり、実証実験までこぎつけることに大きなハードルがあります。

そのため、近年のアクセラレータープログラムでは自治体と協力し、アイデアを試すことのできる場を用意するプログラムが増えています。

アイデアを持つ企業にとっては、実証実験を行える場所を得られるだけでなく、パートナー企業をみつけたり、資金調達も行える非常に有益な場です。積極的に参加し、ビジネスの成長の糧とするとよいでしょう。

ビジネスを成長させるには資金調達が必要です。。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ LEAP LEAP OVER アクセラレーター アクセラレーター・プログラム プログラム 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 第5期MURCアクセラレータLEAP OVER
詳細はこちら

第5期MURCアクセラレータLEAP OVER「グリーンテック/既存産業DX/ライフ・ワーク改革」の3領域でスタートアップを募集開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」立ち上げ 実践型イノベーションプログラム参加スタートアップを募集 9/30締切
2021年9月1日、U3イノベーションズ合同会社は、CIC Tokyoと共同で「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」を立ち上げ、実践型イノベーションプログラム第1期に参加するスタートアップの募集…
海外進出支援プログラム「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」が開催 申込締切・11/5
2021年10月15日、ジェトロ・スタートアップ支援課は、「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」のエントリーを開始したことを発表しました。 「X-…
アクセラレーター・プログラム「TOHOKU GROWTH Accelerator」が開催
2019年7月25日、株式会社MAKOTOキャピタルは、仙台市と共同で、「TOHOKU GROWTH Accelerator」を実施することを発表しました。 「TOHOKU GROWTH Accele…
スタートアップ企業向けグロース支援プログラム「RAPID GROWTH PROGRAM」が提供開始
2021年11月11日、株式会社Bloom&Co.は、「RAPID GROWTH PROGRAM」を本格的に提供開始することを発表しました。 「RAPID GROWTH PROGRAM」は、ジャフコグ…
モビリティ関連スタートアップの欧州進出支援プログラム「The Drivery Japan : Go to Germany!」
2021年7月16日、CROSSBIEは、「The Drivery Japan : Go to Germany!」を2021年8月から開始することを発表しました。 「The Drivery Japan…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ