注目のスタートアップ

高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が資金調達

company

2021年10月20日、株式会社岩谷技研は、資金調達を実施したことを発表しました。

これにより、累計調達額は5億3,000万円となりました。

岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開発しています。

気球による“NearSpace(地球に近い宇宙空間)からの宇宙旅行”の実現を目指しています。

岩谷技研は、宇宙空間に行くことによって人間の意識や視野が広がる旅の提供を目的としています。

2021年7月20日、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾス氏は、自身が立ち上げた航空宇宙企業Blue Origin開発による弾道飛行用システムNew Shepardに搭乗し、無事に宇宙旅行を成功させました。

地球に戻ってきたベゾス氏は、宇宙旅行は人生を一変させるできごとだったと語っています。

人類史初の宇宙飛行士だといわれているユーリイ・ガガーリンの言葉「地球は青かった」など、歴代の多くの宇宙飛行士や旅行者たちは、宇宙に行くことや宇宙から地球をみることは、価値観を変えるものであると様々な言葉で語っています。

また、『星の王子さま』で有名なサン=テグジュペリは飛行機のパイロットでもあり、自身のパイロット経験から『人間の大地』というエッセイ集を出版しています。

サン=テグジュペリは、空高くから地球を見下ろしたことの感動から、人間という生命は、宇宙的尺度からみなくてはならないと考えなくてはならないと語っています。

宇宙ビジネスはスケールの大きなビジネスです。しかしそれはただ単に宇宙が“広い”からだけではありません。

グローバリズムとは、地球をひとつの共同体とみて、世界を一体化させようという思想です。

しかしグローバリズムは市場競争の加速による貧富の差の拡大や環境破壊を進めました。

宇宙ビジネスは、このようなグローバリズムの失敗に反省の目を向けさせ、真のグローバリズムを自覚させるためにも存在しています。

もちろん宇宙ビジネス市場で大きな割合を占めているのは、衛星を打ち上げ、それにより得たデータを販売したり活用したりする衛星サービスです。

しかし、宇宙旅行といった事業は、地球というものを俯瞰してみることによって、人間に宇宙的な価値観を抱かせます。

宇宙旅行に資金が集まっているのは、この価値観の転換が重要であると考える人間が多くいるからに他ならないのです。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ガス気球 宇宙 宇宙旅行 岩谷技研 株式会社 気密キャビン 気球 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

個人資産管理サービス「Moneytree」提供の「マネーツリー」が「京都大学」と家計収支調査プロジェクトで連携
2020年12月1日、マネーツリー株式会社は、京都大学経済研究所の宇南山研究室で、2020年12月1日から開始される新たな家計収支調査において「Moneytree LINK」が採用されたことを発表しま…
「AliveCast」が完全無料の電子メニュー作成サービス「ExMenu」をリリース
2020年7月15日、株式会社AliveCastは、「ExMenu(エクスメニュー)」を7月15日に公開したことを発表しました。 「ExMenu」は、完全無料の電子メニュー作成サービスです。 飲食店は…
事業承継促進プラットフォーム「relay」が立ち上げ 2020年春に本サイト開設予定
2020年2月13日、株式会社ライトライトは、「relay(リレイ)」の立ち上げを発表しました。 また、同日にティザー・サイトにリリースされました。 本サイトの開設は、2020年春を予定しています。 …
中高生向けプログラミング教育事業展開の「ライフイズテック」が15億円調達
2019年11月15日、ライフイズテック株式会社は、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 中高生向けのプログラミング教育事業を展開しています。 今回の資金は以下の取組みに充当されます…
運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE」運営の「Alpaca.Lab」が7,000万円調達
2020年3月9日、株式会社Alpaca.Labは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE(エアクル)」を開発・運営しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ