副業マッチング・サービス運営の「シューマツワーカー」が4億円調達

2020年7月14日、株式会社シューマツワーカーは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

副業マッチング・サービス「シューマツワーカー」や、テレワークが中心のフリーランス・エンジニアを紹介する「ミライエンジニア」、働き方に特化した転職エージェント・サービス「LIFE is」、企業の副業社員活用を推進するメディア「副業社員.JOURNAL」を運営しています。

「シューマツワーカー」は、エンジニアや、デザイナー、マーケターを中心としたDX人材の副業マッチング・サービスです。2017年7月に正式リリースしてから、登録者23,000名、案件依頼企業800社、副業案件1,800件を突破しています。

今回の資金は、新しい働き方とその課題を解決するための新規事業を含めたサービス開発や、マーケティング、組織強化に充当されます。

また、引受先でもある東京理科大学との共同研究の検討を開始し、副業の稼働状況や評価等を蓄積し、日本最大の信頼データベースの構築を目指すようです。

働き方改革により、副業・兼業が解禁され、それに伴い副業したい人材と企業をマッチングするサービスがいくつも誕生しています。

日本人材機構の分析によると、都市圏での副業マッチングはうまくいっているものの、地方企業とのマッチングの事例がまだ少なく、企業の副業プロ人材の活用が充分に行われていないようです。

そのような現状も踏まえ、シューマツワーカーは、プロ人材の活用が進んでいなかった企業や官公庁・自治体へのマッチングの加速を目指していくようです。

地方での活動が増えていくことで、地方の活性化だけでなく、場所にとらわれない働き方の社会実装が進んでいくでしょう。

企業の成長には人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ サービス シューマツワーカー マッチング 人材 副業 採用 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ