農業×AIによる農業支援と青果卸売事業展開の「Happy Quality」がCO2直接回収装置を研究開発する「CRRA」と業務提携

tips

2021年6月16日、株式会社Happy Qualityは、CRRA(一般社団法人炭素回収技術研究機構)と業務提携契約を締結したことを発表しました。

Happy Qualityは、ビッグデータ・AI・光学センサなどを活用した高品質・高単価なメロン・トマトの安定生産や、FC農家からの全量買取・品質保証による高単価販売を行う青果卸売事業を展開しています。

CRRAは、世界最先端の気候工学・CO2直接空気回収(DAC)分野に取り組むほか、空気から石油の代替燃料を製造する「そらりん計画」や、有人火星探査の研究を推進しています。

CO2直接空気回収は、気候変動の根本の原因であるCO2を空気中から直接回収する技術および装置です。

これまで化学工場のような巨大装置のみが世界で研究されていしたが、CRRAは、世界最小サイズの個人レベルでの普及が可能な装置の研究開発を行っています。

この研究から開発された製品に、世界最小のCO2直接空気回収装置「ひやっしー」があります。

「ひやっしー」は、1台を設置するだけで、部屋の面積と同じほどの森や草原と同程度のCo2を回収することができます。

また、「ひやっしー」をビニールハウスに設置して活用し、二酸化炭素濃度を大気の2.5倍に上げることにより、作物の生産性が向上するということがわかっており、農業への活用も考えられています。

今回の提携により、Happy QualityはCRRAと共同し、脱炭素社会の実現に向け、環境に配慮した循環型農業の構築を目指します。

農業は人間が生きていくために必要な作物を生産する重要な役目を担っていますが、少子高齢化などによる農家の減少が社会課題となっており、農業の抜本的な変革が迫られています。

テクノロジーは農業変革のための重要な要素のひとつであり、農業xテクノロジーであるアグリテックでは様々なベンチャー企業がユニークなビジネスを展開しています。

また、SDGsが社会的に重視されるようになってきており、農業においても持続可能な農業が推進されています。

農業に関する環境問題は深刻なものが多く、また社会問題とも間接的に関わっている場合があるため、様々な領域と協力し課題を解決していく必要があります。

医療や農業など、様々な社会課題が喫緊の問題として迫ってきていますが、AIなどの最新技術の台頭や、スマートフォンなどの普及により、アイデア次第で社会課題をスマートに解決できる状況となっています。「冊子版創業手帳」では、社会課題をビジネスで解決することを目指している起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考や手法を知ることは、新たなビジネスの創造に役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI CO2直接空気回収 CRRA DAC Direct air capture Happy Quality アグリテック ひやっしー 一般社団法人 株式会社 業務提携 炭素回収技術研究機構 研究開発 脱炭素社会 農業
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

大学生専用匿名相談アプリ「キャンパスボード」がリリース
2019年12月12日、株式会社Samurai Swordは、「キャンパスボード」を2019年12月9日にリリースしたことを発表しました。 「キャンパスボード」は、大学生専用の匿名相談アプリです。 相…
IT・デジタル領域でクリエイティブやデジタル・マーケティング事業を展開する「monomode」が資金調達
2020年11月2日、株式会社monomodeは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社北海道二十一世紀総合研究所が運営する「北洋SDGs推進ファンド(北洋SDGs推進投資事業有限…
オンライン教育サービス「BOOSTA」において新卒研修「AIエンジニア育成特別コース」が開始
2021年2月9日、INTLOOP株式会社は、運営する「BOOSTA」において「AIエンジニア育成特別コース」の受講生募集を開始したことを発表しました。 「BOOSTA」は、オンライン教育サービスです…
整形外科・接骨院・整体向けCRMツール提供の「リハサク」が1.1億円調達
2019年12月23日、株式会社リハサクは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 整形外科・接骨院・整体向けのCRMクラウド・サービス「リハサク」を提供しています。 運動指導…
法律専門書や資料を横断的に検索・閲覧できる「LEGAL LIBRARY」正式版がリリース
2019年12月9日、株式会社Legal Technologyは、「LEGAL LIBRARY(リーガルライブラリー)」の正式版をリリースしたことを発表しました。 「LEGAL LIBRARY」は、信…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ