寺社仏閣コンサルティング事業など展開の「ELternal」が資金調達

company

ウエルインベストメント株式会社は、株式会社ELternalへの出資を決定したことを発表しました。

この出資は、学校法人早稲田大学と2018年10月29日に締結された提携契約に基づいて組成された「早稲田大学認定ファンド」通じて行われます。

ELternalは、早稲田大学大学院経営管理研究科の学生2名・同大学院先進理工学研究科の学生を中心に、「WASEDA-EDGE人材育成プログラム」を経て設立されたベンチャー企業です。

寺社仏閣や自治体と協力して新たな価値を創造することにより、現代の寺社仏閣が抱える地域社会との関係の希薄化や檀家数や参拝者数の減少による規模縮小、家族のつながりの希薄化、お墓の維持管理、無縁墓の増加、観光需要の減少などの課題を解決することを目指しています。

地方の人口減少により、地域コミュニティの衰退や中心街の空洞化などの課題が生まれています。

またこの人口減少に伴い過疎地の寺社仏閣は多くが年収300万円以下となっており、2040年には全寺社仏閣のうち3分の1がなくなるとの予測もあります。

地域コミュニティの衰退の要因としては、農業・漁業などの一次産業がベースとなっていた地域社会では日常における助け合いが必要でしたが、会社を中心とした社会へと変化することにより地域社会での助け合いが不要となったことが挙げられます。

そのため、単純に従来型の地域コミュニティを再生することは現代社会にとっては難しく、現代社会に適合した形で地域コミュニティを創出しなくてはなりません。

また、働き方改革により多様な働き方が普及していくに伴い、社会構造も変化することが考えられます。この変化に寺社仏閣が上手く寄り添うことで地域コミュニティを創出することもできるかもしれません。

地域社会だけでなく、企業活動にとってもコミュニティの創出は重要だと言われています。コミュニティの運営によりマーケティングやプロダクトの改善などを行うことができるからです。「冊子版創業手帳」では、創業期のネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ELternal ウエルインベストメント コンサルティング 地方創生 寺社仏閣 早稲田大学 株式会社 観光 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「エボラブルアジア」がITニアショア事業の「エンザントレイズ」と資本業務提携
株式会社エボラブルアジアは、エンザントレイズ株式会社と資本業務提携を行うことについて合意したことを発表しました。 エボラブルアジアは、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア…
プログラミング不要でSaaSとSaaSをつなぐ「Anyflow」が2.2億円調達
2020年1月8日、Anyflow株式会社は、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 プログラミング不要でSaaSとSaaSを簡単に繋ぐことのできる、クラウドネイティブiPa…
ショッピングSNS「PARTE」運営の「REGALI」が資金調達
2020年3月16日、株式会社REGALIは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Kastane」「Discoat」などを運営する株式会社パルなど、複数のアパレル・ブランドとの連携を開始し…
新型コロナウイルス対策として「ネットで資金調達」。お申込みから入金まで全て遠隔から可能に
株式会社日本クラウドキャピタル(以下JCC)は、お申込みから入金までの資金調達の全プロセスをオンラインを活用して遠隔でも完結することができるよう体制を強化しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて…
量子アニーリング研究開発ソリューション提供の「シグマアイ」が4億円調達
2019年12月3日、株式会社シグマアイは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2B向けに、量子アニーリング・マシンを活用した総合ソリューションを提供しています。 具体的には、量子…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ