デザイン思考のITサービスを展開する「Freewill」が音声のメタバースを開発する「Audio Metaverse」と業務提携

tips

2022年9月10日、株式会社Freewillは、Audio Metaverse株式会社(旧:株式会社ドキドキ)と、業務提携契約を締結したことを発表しました。

Freewillは、ICTエンジニアリング、ソーシャルサービスの開発、ブロックチェーンを使ったエコシステム構築、ITグローバル人材の育成などを行っています。

また、買い物することで森が増えるオンラインマーケットプレイス「tells market(テルズ マーケット)」を運営しています。

商品を購入することでポイント(Sec)が与えられ、一般的なポイントと同じように1ポイント1円として買い物で利用できるほか、提携サービスでも利用可能です。

さらに、このポイントが失効すると、自動的に森林保全団体に還元されます。

Audio Metaverseは、2014年にサンフランシスコで創業したスタートアップです。北米を中心に、アクセシビリティを考慮した音声ソーシャルアプリ「Dabel(ダベル)」の開発・提供を行っています。

現在は、プロダクトをメタバース/ブロックチェーン領域へと拡張させ、個人が誰でも3D音声空間をブロックチェーン上に創造できる音声メタバース「Audio Metaverse」を開発しています。

今回の提携により、「tells market」と音声メタバースを結びつけ、生産者と消費者が直接接点を持てる新たな空間を創出します。

メタバース(Metaverse)とは、大雑把にいえばインターネット上に構築された仮想空間のことを指します。通常の仮想空間よりも大規模で自由度が高いことを特徴としています。

通常のメタバースは3DCGで構築されており、VRゴーグルや、PC・スマートフォン・タブレットから専用アプリやブラウザを通じてアクセスします。

Audio Metaverseが開発している音声メタバース「Audio Metaverse」は、音声のみでつながることができる仮想空間です。

アクセスに必要なのはイヤホン/ヘッドホンだけであるため、既存の仮想空間よりも多くの人が簡単にアクセスできます。

「Audio Metaverse」では、現実空間がキューブという形に分割されます。キューブの持ち主は、音楽の演奏、歌、ディスカッションなどさまざまなことができ、その空間に入った者は誰でもその音を聞くことができます。

さらにユーザーの声はキューブにおける3次元の位置を反映しているため、臨場感のある体験ができます。

つまり、物理的な世界にいるユーザーと遠隔地から接続するユーザーが同じ音声空間体験を共有できるというものです。

音声コミュニケーションは、感情などが伝わりやすいこと、声には人それぞれの個性があること、ながら聞きできること、コンテンツ作成がテキストや動画などよりも簡単なことなどのメリットがあります。

また人間にとってもっとも親しみ深いコミュニケーション手法といわれています。

近年はClubhouseや、Twitterのスペース機能など、音声コミュニケーションを重視したアプリや機能が登場し注目を集めています。

今回のFreewillとAudio Metaverseの提携により、「tells market」と「Audio Metaverse」がどのように交わっていくのか注目が必要です。

自社とシナジーのある企業との協業・提携が実現できれば、両社のビジネスの成長につながりますし、競合との差別化にもつながるでしょう。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Audio Metaverse Dabel EC Freewill tells market オーディオメタバース ダベル テルズ マーケット ドキドキ ブロックチェーン マーケットプレイス メタバース 株式会社 森林保全 業務提携 音声
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

衛星写真から耕作放棄地を分析するサービス「ACTABA」提供の「サグリ」が1.55億円調達
2021年6月2日、サグリ株式会社は、総額約1億5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星写真から耕作放棄地を分析するサービス「ACTABA」を開発・提供しています。 衛星写真を利用…
ベトナムで飲食・小売向けのBtoBオンラインマーケットプレイス運営の「KAMEREO」が5億円調達
2021年7月19日、KAMEREO INTERNATIONAL PTE. LTD.(代表取締役:田中卓、本社:シンガポール)は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベトナム・ホーチミ…
遠隔共同子育てロボットを開発する「ChiCaRo」 東芝の「顔認識AIカオメタ」を応用した新サービスの共同開発へ
2022年8月10日、株式会社ChiCaRoは、「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2022」に採択され、東芝デジタルソリューションズ株式会社の「顔認識AIカオメタ」を応…
ライブ配信アプリ「EVERY .LIVE」運営の「STAGE」が3億円調達
2022年1月12日、STAGE株式会社は、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2021年2月1日に、EVERY .LIVE株式会社を設立することも併せて発表しました。 STAGEは…
賞味期限間近の商品などをお得に販売するECサイト「Kuradashi」を運営する「クラダシ」が6.5億円調達
2022年7月6日、株式会社クラダシは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラダシは、ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を運営しています。 賞味期限間近の商…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ