専門家によるサブスクリプション型出張料理サービス運営の「シェアダイン」が2.2億円調達

2020年7月5日、株式会社シェアダインは、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

栄養士など食の専門家によるサブスクリプション型出張料理サービス「シェアダイン」と、法人向け福利厚生・ウェルネス・サービス「シェアダイン ウェルネス」を運営しています。

離乳食から生活習慣病まで、テクノロジーによって家庭料理をパーソナライズし、栄養士や調理師などの専門家が献立の提案、買い出し、料理までを行うサービスです。

2020年7月現在、栄養士や調理師などの資格を持つシェフが700名超登録しています。

今回の資金は、サービスとプロダクトの強化や、マーケティングの拡充に充当されます。

外食市場の縮小により、調理師などの活躍の機会が減ってきています。一方で、ゴースト・レストランや、シェア・キッチン、出張シェフ・サービスなど新たなキッチン業態が登場しています。

出張シェフ・サービスは、外食に行くことができない人が出かけることなくクオリティの高い料理を食べられるというだけでは、フード・デリバリーと競合してしまいます。

そのため、「シェアダイン」のようにパーソナライズ化するなど、出張シェフ・サービスならではの特色が必要となるでしょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「飲食開業手帳」では、飲食店の出店、資金調達、集客など、飲食店の開業に必要なノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SHAREDINE ウェルネス サービス サブスクリプション シェアダイン シェアダイン ウェルネス 出張 専門家 料理 株式会社 福利厚生 資金調達 飲食

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ