PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立

株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。

デジタルベースキャピタルは、PropTechスタートアップ・コミュニティ「PropTech JAPAN」のファウンダーで、コンサルタントとしてFintech・不動産テックを推進してきた桜井駿氏が設立したものです。

PropTechとは、Property(不動産)とTechnology(技術)を合わせた造語です。

不動産テックとも呼ばれていますが、デジタルベースキャピタルは、規制のかかった産業に取り組む“RegTech”や、“FinTech”の一部も対象領域としているので、PropTechとしています。

今後は、PropTech領域でのイノベーション促進のために、ファンドによる投資のほか、大手事業会社と連携したアクセラレタープログラムの運営などを予定しています。

<創業手帳の創業者・大久保幸世の視点>

大きくて古い不動産業界をテックが変えるか。

不動産業界はリアル・エステイト、というだけあってリアル、オフラインがついて回るが、一方で動くおカネも大きい。難易度が高い分、革新に成功すると大きなリターンが有り、その分野のテクノロジーに資金が流入するのは良いこと。
スペースマーケット、スペイシーなどのスペースシェア系だけでなく、不動産業界はテックでの開拓の余地がかなり大きい。
金融、人、不動産はかなり大きなマーケットで、フィンテックやHRテックは割と注目されているが、不動産×テクノロジーをどれだけ開拓、改革できるか注目。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計100万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ トレンド
関連タグ Fintech VC イノベーション スタートアップ スペースマーケット ファンド フィンテック 不動産 大久保幸世 投資 株式会社

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)