Honda発スタートアップ「Ashirase」 視覚障害者向け靴装着型IoTデバイス/ナビゲーションアプリを開発中

tips

株式会社Ashiraseは、靴装着型IoTデバイス及びナビゲーションアプリを開発しています。

Ashiraseは、本田技研工業株式会社(Honda)の新事業創出プログラム「IGNITION」発の第1号スタートアップとして設立されました。

靴に装着することでユーザーの動作情報を得るIoTデバイスと、その得たデータを活用しユーザーの誘導情報を生成するナビゲーションシステムを開発しています。

靴に取りつけたIoTデバイスは誘導情報をもとに振動することにより、目的の場所までの距離感や角度などをユーザーに伝え、視覚障害者の歩行を支援します。

このシステムは、視覚障害者が単独歩行を行う際、音声案内では周囲の重要な情報を聞き逃してしまうことや、安全確認とルート確認の手間といった課題を解決するものです。

政府のデータによると日本には視覚障害者は約30万人存在するとされていますが、全盲ではない視覚障害を抱える者であるロービジョン者を含めると約164万人いるとの推定値が日本眼科医会により2009年に公開されています。

このような視覚障害者が外出する場合、盲導犬やガイドヘルパーを頼ることとなりますが、日本には盲導犬が約1,000頭ほどしかおらず、またその数は減り続けています。

ガイドヘルパーについても自治体ごとの利用制限が設けられているため、自由な外出はできないという現状があります。

そのため、テクノロジーによる視覚障害者支援のニーズがあり、音声による支援を行うウェアラブルデバイスや、スマートフォンに道案内情報を送る道に埋め込まれたビーコンなど、様々なものが登場しています。

社会課題をビジネスで解決するには多くの困難がつきまといますが、意義のある大きな取組みです。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を乗り越えてきたかを知ることは、ビジネスの成長につながるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Ashirase Honda IoT ウェアラブル・デバイス スタートアップ デバイス 本田技研工業 株式会社 視覚障害 開発 障害者
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

無料の事業計画作成サービス「ProfinanSS」がリリース
2019年12月18日、株式会社プロフィナンスは、「ProfinanSS(プロフィナンス)」をリリースしたことを発表しました。 「ProfinanSS」は、事業計画を無料で簡単に作成できるWebサービ…
パブリック・ブロックチェーン「Plasm Network」の開発をリードする「Stake Technologies」が2.5億円調達
2021年2月9日、Stake Technologies Pte Ltdは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Stake Technologiesは、日本発のパブリック…
メディア向け無料音声化プラットフォーム提供の「ロボットスタート」が資金調達
2020年2月7日、ロボットスタート株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 メディア向け無料音声化・音声広告配信ネットワーク・プラットフォーム「Audiostart」を運営しています。 こ…
ヘルスケア・医療向けIoTセンサー開発の「クォンタムオペレーション」が資金調達
2020年2月6日、株式会社クォンタムオペレーションは、資金調達を実施したことを発表しました。 ヘルスケア・医療分野におけるIoTデバイス「バイタルバンド」を開発しています。 アナログ・データのデジタ…
スマート猫トイレ「toletta」提供の「ハチたま」が1億円調達
2020年5月19日、株式会社ハチたまは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマート猫トイレ「toletta(トレッタ)」を開発・提供しています。 泌尿器疾患にかかりやすい猫のために…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ