「ソニー」と「大和証券グループ」が200億円規模のファンドを組成

ソニー株式会社と、株式会社大和証券グループ本社の子会社である株式会社大和キャピタル・ホールディングスは、合弁会社Innovation Growth Ventures株式会社を設立したことを発表しました。

Innovation Growth Venturesは、今後大きな成長が期待できる産業分野のベンチャー企業を対象とした投資ファンド「Innovation Growth Fund I L.P.」を運営します。

最終的に150~200億円超のファンド規模を目指しています。

<創業手帳の創業者・大久保幸世の視点>
大企業が内部留保、BSでスタートアップの資金市場を育てている

ソニーが200億円のファンド。1兆円の史上最高益のソニーにとっては利益の運用とともに、新市場の芽を探す効果がある。
また大企業のコスト構造、スピード(そして労働環境)が合わないスタートアップ領域での可能性を出資で張りに行くとともに、情報を収集する、将来のM&A先を探すという効果がある。大手がCVC、ファンドを立ち上げている背景だ。
最高益のソニーが、ファンドを立ち上げるのは自然な流れと言えるが、課題は一見資金のように見えるものの、本質的には投資に値する(資金を入れることでグロースする)スタートアップは希少で、起業家、スタートアップの経営チームの、育成、発掘が重要な課題になっていくだろう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ スタートアップ ソニー ファンド 大久保幸世 大和証券 投資

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)