貸付ファンドのマーケットプレイス「Funds」運営の「ファンズ」が「三井住友信託銀行」と資本業務提携

tips

2020年10月15日、ファンズ株式会社は、三井住友信託銀行株式会社と資本業務提携契約に基づき、新たな事業展開を開始していくことを発表しました。

1円から貸付投資ができる貸付ファンドのマーケットプレイス「Funds(ファンズ)」を運営しています。

以下の点を主な特徴としています。
・相場のない予定利回り型の商品設計
・業界初1円単位での投資が可能で、心理的なハードルを軽減
・当社の定める選定基準をクリアした上場企業および上場グループ会社が対象
・優待券など特典も充実し、企業と投資家の新しいコミュニティ形成に寄与

三井住友信託銀行との協業により、グリーン経営認証や、ポジティブ・インパクト金融原則、CASBEEによる評価を取得した国内初の「ESG貸付ファンド」の実現を目指すとしています。

これは、国内外の「ESG(環境、社会、ガバナンス)」や「SDGs」に配慮した投資商品への関心の高まりにより、今後国内市場の規模のさらなる拡大を予測してのものです。

ESGは、企業が果たすべき社会的な責任を3つの観点から示すものです。ESGへの積極的な取組みが企業の持続的な成長に資するという見方が広まっており、それに伴い投資の世界においてもESG投資が注目を集めるようになっています。

ESGに優れた企業は社会的な評価を下げるリスク要因が少ないため、長期的な投資に向いているといえます。

また、個人においても、長期的な資産形成が重要だという考えが広まっています。そのため、ESG投資は個人投資家にとっても魅力的な商品となるため、今後、個人投資家向けのESG投資が増えていくことが考えられます。

企業の成長には資金調達やVCの支援が必要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ESG ESG投資 Funds ファンズ ファンド 三井住友信託銀行 投資 株式会社 資本業務提携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ