注目のスタートアップ

株式会社ユーリア 水野将吾|2分で分かる栄養過不足尿検査の事業開発が注目の企業

栄養過不足尿検査の事業開発で注目なのが、水野将吾さんが2021年4月に創業した株式会社ユーリアです。

現代の日本は食べ物にあふれており、むしろ廃棄処分問題さえ発生するほど『飽食』の時代です。
にも拘わらず、栄養失調を指摘される方が多い現実もあります。
これは単に食糧不足ということだけではなく、好きなものだけ食べるといった偏った食事、ダイエットのためにカロリーばかりを気にしすぎる食生活、忙しさにかまけて食べることをぞんざいにしていていたり、アスリートの場合なら、試合で良い結果を出すために筋力トレーニングだけではなく厳しい食事制限する、等といったことが原因の一つです。

栄養失調がよほど進行しない限り、普段の生活の中で自分の身体が「飢餓状態」になっているということに気付ける機会は少ないものです。
ちゃんとご飯は食べているのに、なんだか体がだる重たい、頭痛や倦怠感が取れないのはきっと風邪の引き始めかな、とか、寝不足やストレスかな、と勝手な判断で見過ごしてしまい、結果、重篤な状態になって病院にかかり、初めて必要な栄養素が足りていなかったことに気付くといったパターンも発生しています。

このような事態に陥る背景には、明確かつ手軽に、日常生活の中で自身の栄養状態をはかることが出来ないといった課題が存在しています。
体温を測るような感覚で簡単に栄養摂取状態を知ることが出来たら、こうした問題はかなり軽減されると考えられます。

毎日を快活・快適な体の状態で過ごすことは、生活の質向上や仕事・勉学・その他さまざまな行動パフォーマンスの向上に繋がる根本です。
そこで今、栄養バランスの取れた体作りのため、とても簡単に素早く体の状態をチェックすることが出来るキットの開発が進んでおり、注目を集めています。

株式会社ユーリアの栄養過不足尿検査事業の特徴は、たった2分間の尿検査でどこでも誰でも簡単に自分の栄養摂取状態をチェックできる、という点です。

株式会社ユーリアの水野将吾さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

2分で栄養の過不足が分かる、尿検査キットとアプリの開発を行っております。
従来、体の栄養状態を把握するには病院での血液検査や郵送の尿検査など費用と時間がかかってしまうものでした。
もっと低コストでスピーディに結果を知ることができないかと考え、専用の検査キットとスマートフォンアプリを活用し、検査キットに尿をかける→スマホカメラで検査キットを読み取る→結果を把握するという簡単な3ステップで即時に自分の栄養状態を把握することができるサービスを開発しました。

栄養の検出を行うシステムについては現在東京大学との共同研究を行っており、
従来の郵送の尿検査と同程度の栄養素の検出を目指しております。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

まずは栄養が定量化できることにより、パフォーマンス向上に寄与できるアスリートに活用していただければと考えています。
そのほか、ダイエットや健康に興味のある方や、塩分などのモニタリングが必要な内臓疾患を持っている方にも活用していただけると考えています。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

頭痛・疲労感・食欲不振など健康上の様々な問題の根底には栄養が関係しており、栄養状態を改善することで、人々のパフォーマンス向上につながると言われています。
栄養状態を可視化し、改善していく事で個人のパフォーマンスを最大化する事ができるサービスだと考えています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

資金繰りやサービス開発面での課題が多くありました。
行政のアクセラレーションプログラムに採択されたことで、資金面と開発上のアドバイスをいただくことができ、ベータ版の開発までを行うことができました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

「すぐわかる」をもっと身近に。というビジョンを掲げ、将来的には当社のAIやカメラ技術を活用して、尿に限らず即時で体の状態把握ができるサービス展開を行っていきたいと考えています。

・今の課題はなんですか?

尿から栄養素を検出することについては順調に開発を進められておりますが、これをBtoC向けにマーケットフィットさせていくことが必要だと考えています。
フィットネス・美容・健康など目的に応じて、サービス内容を変えることも視野に入れて、開発を進めていきたいと考えております。

・読者にメッセージをお願いします。

私たちは、栄養の過不足の問題を解決することで、人々のパフォーマンスを向上させ、日本を元気にすることができると考えています。
誰でも気軽に、スピーディに自分の栄養状況を把握できる世の中を目指して取り組みを進めてまいります。応援よろしくお願いいたします!

会社名 株式会社ユーリア
代表者名 水野将吾(みずのしょうご)
創業年 2021年4月2日
資本金 660万円
事業内容 栄養検査キットの企画・販売、ヘルスケアアプリの開発・運営
サービス名 2分で分かる栄養過不足尿検査 Yuurea
共同研究先 東京大学大学院 農学生命科学研究科
所在地 愛知県名古屋市西区名駅1-1-17名駅ダイヤメイテツビル11F
代表者プロフィール 27歳までキックボクサーとして活動。
IT企業にてヘルスケア系の新規事業の立ち上げ業務に従事するが、起業を志し退職。
退職後に、H.I.S.の設立者である澤田秀雄が主宰する澤田経営道場にの経営者育成プログラムに参加。2021年4月、同道場の卒業と同時に、株式会社ユーリアを設立。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI ヘルスケア ヘルステック ユーリア 尿検査 水野将吾 研究開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AGREEBIT株式会社 桑原 英人|AIによる意見集約・ファシリテート・議論構造化の新サービスを展開する注目の企業
議論を深め、合意形成のために必要不可欠な ‶ファシリテート" をAI技術でカバーする事業で注目なのが、桑原英人さんが2019年3月に創業したAGREEBIT株式会社です。 何かについて大勢で議論をした…
ライフ・プランニングなどFinTechサービス展開の「MILIZE」が3.3億円調達
2019年12月2日、株式会社MILIZEは、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 保険証券電子化アプリ「miruho(ミルホ)」や、ライフ・プランニングと資産負債管理の統…
音声解析AI電話「MiiTel」提供の「RevComm」が7億円調達
2020年10月5日、​株式会社RevCommは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」を開発・提供しています。 電話営業や、コールセンター業…
人材エージェント向けAIアシスタント「hachico」開発の「Crossborders」が資金調達
2019年12月10日、Crossborders Innovation株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 人材エージェント向けAIアシスタント「hachico」を開発しています。 無数…
オンライン住宅ローン・サービス「モゲチェック」提供の「MFS」が6.5億円調達
2021年3月31日、株式会社MFSは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン住宅ローン・サービス「モゲチェック」を運営しています。 過去4,000件以上の審査結果…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ