注目のスタートアップ

株式会社クオトミー 大谷隼一|専門性の高い医師同士のコミュニケーション推進事業が注目の企業


信頼する医師同士で学会や講演会などのイベントについて、オンラインで議論するためのサービス事業を展開して注目されているのが、大谷隼一さんが2017年12月に創
業した株式会社クオトミーです。

日々各所で研究や開発・治療を続けている医療関係者の努力によって、新たな治療方法や創薬、治験結果、今までにない概念の発見など、医療界隈の進化は目まぐるしいものがあります。また近年では、医療における専門分野がより細分化され、各分野でのより深い研究が進むようにもなりました。

その一方で、現場で忙しく医療にあたっている医師は、限られた時間の中で自身の専門分野やそれに関する医療研究の最新情報を常にアップデートしていくことが求められ、負荷が大きくなったり、情報収集がなかなかうまく進まないといった課題も抱えています。分野が細分化されたことで、分野間の情報連携がうまくいきにくい、というシーンも想定されます。

医療の進歩には実に多種多様な事例や研究結果、治験結果などが必要です。しかし、地域や医療環境などによって、患者さんの層や提供される医療は異なっており、医師個人や病院の持っている臨床知見には偏りがあります。

医療の発展には、それぞれの地域で様々な治療に当たっている専門の医師や医療従事者の研究、治験結果の一つ一つが大切なデータ資料として一つに集約されることも肝要で、それによって世界中のあらゆる疾病を治癒していく新しい技術や薬、治療法の開発に繋がっていきます。

今、デジタルの力で医学知見のエコシステムを醸成し、未来の医療の創造に拍車をかけようと挑戦し続ける動きに注目が集まっています。

株式会社クオトミーの事業の特徴は、医師限定のコミュニティ内において、専門性の高い医師同士が、学会/講演会/勉強会などのイベントを起点にしたコミュニケーションができるという点です。

株式会社クオトミーの大谷隼一さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

医師向けイベントを起点とした、専門性の高い医師同士のコミュニケーションを促進することが出来る、という点です。
点在している医師向けの学会や講演会・勉強会などのイベント開催情報を集約し、専門性にピッタリのイベントや仲間との出会いを創出するサービスです。
医師は本サービスの利用により、専門領域の知見を深めるだけでなく、専門性の近い医師との交流を気軽に、かつ安全に楽しむこともできます。

・どのような方にこのサービスを使って欲しいですか?

場所を問わず、専門性の高い医療を提供している医師にお使いいただきたいです。

・このサービスが解決する社会課題はなんですか?

病院や医師の間に存在する臨床知見の偏りを解消させます。偏りがなくなり、情報や知見が広く共有されることによって、医師一人にかかる負荷や限界を突破し、救える命の数を増やしていけます。「情報を知らなかったから出来ない」をなくし、互いの研究成果を上手にかけ合わせることによって無駄を省き、よりスピード感のある医学界の進展にも寄与して参ります。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

周りには医療関係者が多く、エンジニアやスタートアップ的な働き方を知っている人がいなかったことです。
自らが旗を立てて行動をし続けていると、出会うべき人に出会え、壁を乗り越えることが出来ました。

・今後どういう会社、サービスにしていきたいですか?

病院や国境の垣根を超えた、医師の臨床知見の偏りを埋めるコミュニケーションツールとしてのインフラに育てていきます。

・今の課題はなんですか?

私たちのミッションやビジョンに共感してくれ、開発を推し進めてくれるエンジニアを採用中です。

・読者へのメッセージをお願いします。

私たちは、エビデンスと同様に大切な医師の臨床知見を繋ぐことで、未来の医療を創っています。
現在、仲間を募集中です!

会社名 株式会社クオトミー
代表者名 大谷隼一(おおや じゅんいち)
創業年 2017年12月1日
社員数 3名
事業内容 医師向けイベントを自己研鑽を繋ぐ場にするサービス「Eventomy」の運営
サービス名 Eventomy
所在地 東京都
代表者プロフィール 整形外科医(専門は脊椎)。
名古屋市立大学医学部卒業。東京大学医学部整形外科・脊椎外科関連病院で臨床業務に従事。
2015年、カリフォルニア大学サンフランシスコ校Visiting Scholar。
2017年12月に株式会社クオトミー創業。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クオトミー 医師 大谷隼一 学会 専門医 自己研鑽 講演会
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医師向け臨床支援アプリ提供の「HOKUTO」が8.25億円調達
2022年2月8日、株式会社HOKUTOは、総額8億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」を開発・提供しています。 最新の医学情報の配信、入手し…
内視鏡の画像診断支援AIを開発する「AIメディカルサービス」が80億円調達
2022年4月26日、株式会社AIメディカルサービスは、総額80億円の資金調達を実施したことを発表しました。 がん関連病変の内視鏡検査で、専門医の診断を支援するAIシステムを開発しています。 2022…
VCの「Angel Box」がベトナムの医師と患者向け医療アプリ「MEQUY」を開発する「Lea Bio」に出資
2022年5月13日、株式会社Angel Boxは、Lea Bio株式会社に出資したことを発表しました。 Lea Bioは、ベトナムの医師と患者向け医療アプリ「MEQUY」を開発しています。 来院する…
介護施設向け医療相談・夜間オンコール代行サービス提供の「ドクターメイト」が10億円調達
2022年5月23日、ドクターメイト株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ドクターメイトは、オンラインでの医療相談サービスと夜間オンコール代行サービスを組み合わせた、介護施…
医師向け臨床知見コミュニティを運営する「クオトミー」が資金調達
2022年6月3日、株式会社クオトミーは、資金調達を実施したことを発表しました。 クオトミーは、医師向け臨床知見コミュニティ「Quotomy(クオトミー)」を運営しています。 医療従事者によって医療論…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ