スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘

ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオットホテル・マーキスに2000人の観衆が詰めかけ、世界の予選を勝ち抜いた56社がプレゼンを行った。

日本からは空飛ぶ車のスカイドライブ、新電力事業のLooop、ファインバブルで汚れが付着しにくい水を手掛けるウォーターデザインの3社が残ってプレゼンテーション。また、アメリカ版”マネーの虎”「シャークタンク」出演のケビン・オライリー氏など著名人が講演を行った。
カナダ代表で新素材で破れないパンストのSheetexを展開するSRTXが優勝。破れて廃棄され買い替えることが前提のパンストを破れない素材で作るという点がSDGs時代に評価された。

また、日本のスカイドライブの福澤知浩社長は世界準優勝。空飛ぶ車の映像は会場の空気を変えるインパクトがあった。

スタートアップワールドカップを運営するペガサステックベンチャーズは現在230社に投資をしている2700億円規模の巨大ファンドだ。
代表のアニス・ウッザマン氏は創業手帳でもインタビュー記事が何度か出ており、日本とシリコンバレーの架け橋となることをミッションとしており、大企業のCVC投資の支援なども行っている。コロナの影響を感じさせない大盛況で来年以降の展開も注目される。

アニス・ウッザマン氏コメント
「創業手帳の読者、日本のスタートアップの皆様、こんにちは!スカイドライブは英語が母国語ではないハンディの中で運優勝になったのは凄いことだと思います。トップ3は甲乙つけがたく誇るべき成績だと思います。来年以降もスタートアップワールドカップは開催していきます。日本の皆様も来年に向けてぜひエントリーして下さい。一緒にスタートアップを盛り上げ頑張りましょう!」

スカイドライブ福澤社長コメント
「英語でジャッジから質問された時のやり取りは覚えていないくらい緊張しました。優勝できなかったとはいえ多くの方に見て頂けたのは今後、大きなプラスになると思います。創業手帳、日本の起業家に向けてのメッセージですが、自分も起業した時に分からない所を創業手帳を読んで調べたことを覚えています。2回めの起業ですが今はスタートアップワールドカップのような舞台や創業手帳もあり起業の環境は昔より整ってきたと思います。起業は自分の可能性を試せ、社会を変えることもできる素晴らしいことだと思います。一緒に頑張ってこの国を盛り上げていきましょう!」
破れないパンストのSheetexが優勝し投資賞金100万ドル(約1.5億円)を獲得した。
運営元のペガサス・テックベンチャーズ代表のアニス・ウッザマン氏。東工大出身で日本語が堪能だ。
会場に強烈なインパクトを残し世界ベスト3入りしたスカイドライブ福澤知浩社長巨大なワールドカップ。来年は誰の手に?

関連記事
・世界で1600億円投資!アニス・ウッザマンがニューノーマル時代の注目ベンチャーを緊急解説
・アニス・ウッザマン氏から日本の起業家へ 「海外と渡り合う方法」(インタビュー後編)
・「日本の若者は世界にチャレンジして欲しい。そのための架け橋になる!」アニス・ウッザマン氏インタビュー
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

大久保の視点

コロナ後、久々の開催となったスタートアップワールドカップ。 これだけの数のエントリーが合ったのアフターコロナ・ウィズコロナを印象付ける。 決勝に残ったスカイドライブは「日本の良さ」が全面に出たプレゼンだった。 日本からはCVC・大企業投資の関係者も参加しており、大企業のスタートアップ投資の流れを感じた。 またエントリーした会社は途上国を含む世界各国に広がっておりスタートアップが世界的な流れとなっていることを感じた。 ジャンルでいうと、医療、アプリ、IP、シェアリングエコノミー、ハード、マッチングプラットフォームなど多岐にわたる。 先進国では、高齢化を反映して医療系の会社も多い印象だった。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ イベント
関連タグ CVC Looop SkyDrive VC アニス・ウッザマン ウォーターデザイン シリコンバレー テクノロジー ペガサス・テック・ベンチャーズ 海外 福澤 知浩
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ゲノム編集受託サービス提供の「セツロテック」が資金調達
2018年12月25日、株式会社セツロテックは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社阿波銀行、阿波製紙株式会社のCVCファンド「イノベーション創出投資事業有限責任組合」などです。…
産業用ロボットと自律移動ロボットのための技術を開発・提供する「アセントロボティクス」が10億円調達
2022年1月20日、アセントロボティクス株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 産業用ロボットと自律移動ロボットのためのインテリジェントソリューションを開発・提供しています…
「東急」と株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営の「日本クラウドキャピタル」が資本業務提携
東急株式会社は、株式会社日本クラウドキャピタルと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 日本クラウドキャピタルは、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営し…
空飛ぶクルマ開発の「SkyDrive」が15億円調達
2019年9月30日、株式会社SkyDriveは、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸を特徴としている、空飛ぶクルマ“電動垂直離着陸型無操縦者航…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」に田所雅之氏が顧問就任
2019年7月2日、株式会社日本クラウドキャピタルは、田所雅之氏が顧問に就任することを発表しました。 日本クラウドキャピタルは、日本初の株式投資型クラウドファンディング・サービス「FUNDINNO(フ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ