総務省外郭団体がSNS情報から個人の知能指数や生活習慣を見抜く実験に成功

2020年8月20日、総務省の外郭団体である国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、情報機構)は、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の情報から、どの程度個人のパーソナリティが推定可能かを調べた結果、外向性やIQといった幅広いパーソナリティを推定することに成功したことを論文発表しました。

具体的には、Twitterの情報から、知能指数(IQ)や外向性など個人のパーソナリティを推定することに成功しました。ネットワーク情報が社会性関連の、言語情報がメンタルヘルスのパーソナリティをそれぞれ推定する実験により、統計的に有意な結果を得ました。これらの推定方法の進化によりメンタルヘルスの分析や個性に応じた働きかけへの応用が可能となるとしています。

研究グループは、239名(男性156名、女性83名、平均年齢22.4歳)のTwitterユーザーを対象として、投稿文の情報から、人々の内面を表す52種類の特徴を推定し、その内23種類の特徴の推定が可能だったとしています。IQなどの知能や性格のほか、統合失調症やうつ病のような精神状態、飲酒や喫煙の生活習慣、人生の満足度も読み取れました。

情通機構は悪用を懸念してAIプログラムの公開を見送る対応をとりました。今後、こうした分野の研究が進歩すればするほど、プライバシーの保護の問題と対峙することになるでしょう。

編集部のコメント

編集者
SNSの普及率は若年層年代を中心に高く、今日では社会インフラとなりつつあります。行き交う短い文面からその先の相手がどのようなパーソナリティを持つかわかってしまうとすれば、わずか140文字の投稿でプライバシーを明かしたという自覚のない個人にとっては驚きでしょう。

普段わたしたちはあまり意識しませんが、AIの進化に伴う個人情報の活用は至るところで進んでいます。検索エンジン利用履歴やGPS情報を元にした広告配信、SNSの繋がりの分析結果を活用する融資信用審査などが代表格です。

無料サービスは個人情報を提供している見返りとして利用できていることが多々あります。AIや大手IT事業者による監視は不快と感じる人も少なくありません。EUでは「忘れられる権利」が法制度化されていますが、日本では法制度が追い付いていない面があります。

ただ、わたしたちは日常生活の中で様々な利便性を享受しているのも事実です。テクノロジーの進化とどのように距離を取っていくか。個人、そして社会に対していま問題が投げかけられています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI SNS サービス ソーシャル テクノロジー ネットワーキング ネットワーク メンタルヘルス ユーザー 個人 個人情報 審査 広告 情報 検索エンジン 生活 研究 研究開発 統計 融資

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ