注目のスタートアップ

国際物流プラットフォーム提供の「Shippio」が16.5億円調達

company

2022年9月28日、株式会社Shippioは、総額16億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、新サービス「Any Cargo」をリリースしたことも併せて発表しています。

Shippioは、国際物流プラットフォーム「Shippio(シッピオ)」を提供しています。

アナログで煩雑な業務が多い貿易業務において、テクノロジーを駆使し効率的な業務を実現しています。

「Shippio」は、本船動静の自動更新、見積もり・発注、貿易書類・請求書管理、納期調整を一元管理できるクラウドサービスです。

Shippioにフォワーディング(貿易における海外企業と国内企業の仲介など)を依頼した企業は無料で利用できます。

これまでは他のフォワーディング事業者が取り扱う案件については個別で管理する必要がありましたが、今回リリースした新サービス「Any Cargo」により、他社のフォワーディング事業者が扱う案件を含め、貨物全体の輸送状況をクラウド上で一元管理できるようになりました。

今回の資金は、グローバルを含めた人材採用や、「Shippio」の機能・サービス開発、広告宣伝、事業領域の拡大に向けたM&Aなどに充当する予定です。

貿易では、荷主、海運・空運会社、税関、銀行、保険会社などさまざまな会社・人びとが関わっています。

これら関係者の間での情報伝達では、書類・エクセル・電話・メールなどのアナログな手段が利用されています。

貿易業務はこうしたアナログかつ流動的なプロセスで成り立っており、かなりの非効率が発生しています。

そのため、海外に商品を販売したい企業や、海外から商品を購入したい企業の貿易にまつわる実務を代行するフォワーダー(貨物利用運送事業者)という事業者が存在します。

近年のテクノロジーの発展により、デジタルの力を活用して貿易業務を効率化するデジタルフォワーダーと呼ばれる事業者が各国で登場しています。

Shippioは、国内における最初のデジタルフォワーダーとして、国際物流領域のDXを推進しています。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用し業務効率化を図ることが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Any Cargo Shippio クラウドサービス シッピオ テクノロジー デジタルフォワーディング フォワーダー フォワーディング プラットフォーム リリース 一元管理 国際物流 新サービス 株式会社 貨物 貿易 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

メタバース「MEs」開発の「O株式会社」が150万ドル調達
2022年7月6日、O株式会社は、総額150万ドル(約2億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 O(オー)は、アーティスト同士がつながり、アイデアを創発しながらクリエイションできるメタバース「…
ソーシャルカレンダーアプリ「Skele」運営の「pow」が5,100万円調達
2021年7月27日、株式会社powは、総額5,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」の正式版(iOS)を公開したこともあわせて発…
VRイベント・プラットフォーム運営の「クラスター」が8.3億円調達
2020年1月6日、クラスター株式会社は、総額8億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 VRイベント・プラットフォーム「cluster」の企画開発・運営を展開しています。 音楽ライブ…
事業用EVに特化した充放電システムを開発する「Yanekara」が1.6億円調達
2022年11月24日、株式会社Yanekaraは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Yanekaraは、Yanekaraの提供するすべてのプロダクトを管理・制御する群制…
クラウド会計ソフトの「弥生」が個人事業主向け市場で5年連続シェアNo.1に
2020年5月29日、弥生株式会社は、個人事業主のクラウド会計ソフト市場におけるシェアNo.1を獲得したことを発表しました。 これは、株式会社MM総研が2020年5月19日に発表した「クラウド会計ソフ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ