【9月25日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ

9月25日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

和食店キシマの「持続性のあるSDGs」

日経MJで、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」に取り組む企業の例として、和食店キシマを紹介していました。

株式会社キシマは神奈川県内を中心に7店舗運営しており、2017年に企業理念をSDGsの理念に合致する形に変更。具体的には、食品添加物の撤廃、持続可能な漁業でとられた「MCS認証」の水産物の採用、石油由来の洗剤を使わないといった改善に取り組んでいます。
結果として生まれたコストアップに対しては、ITを活用した業務の効率化や、食材廃棄率の改善などを通じて対応しているとのこと。

SDGsというワードがトレンドになっていますが、実際にどのような形で推し進めていいか具体的な策を打ちあぐねていたり、取り組みが一過性となってしまっている企業も多いという現状があります。キシマのように、SDGsとの取り組みとそれにより生まれるコスト増への対応をセットに取り組む、“持続性のあるSDGs”の成功例は、SDGsを取り入れようと考えている企業にとっての良い参考になりそうです。

教育スタートアップの1分半授業動画

教育事業を展開するEdurab(エデュラボ)が、小中学生向けに授業動画配信サービスを開始。リクルート系の「スタディサプリ」や、学研HDの「学研プライムゼミ」など、教育業界のビッグネームが教育関係の動画配信サービスに取り組む中に、切り込んでいく形です。

差異化のポイントは、教育系動画配信で支持されている人気ユーチューバーなどを講師役に招き、1本あたりの再生時間を1分半で提供している点です。1本あたり10~数10分で提供しているサービスが多い中、エンタメ感覚でサクッと見ることができる長さを売りにしています。

動画系コンテンツはトレンドがめまぐるしく変化しやすい領域です。大手ひしめく中で、スタートアップがどんな手法でシェア獲得を狙うのか、エデュラボの展望に注目です。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ SDGs キシマ ニュースまとめ 日経

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)