【10月24日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ

tips

10月24日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

国の研究開発委託にベンチャー枠

政府は、各省庁が外部に委託する研究開発にベンチャー企業向けの枠を設ける方針を示しました。予算のうち一定割合を、創業後間もない企業に割り当てることを義務付けます。

これまで、政府による基礎研究の委託は大企業の場合が多かったですが、新興企業が事業を成長させるきっかけを作ることで新たなイノベーションの担い手創出を狙います。

米国ではこの仕組で、今や世界的に普及しているルンバを作るアイロボットが生まれるなど、成功例も出ています。日本でも優れた技術を持ったベンチャーにスポットライトが当たり、ユニコーン企業が生まれるきっかけになるかもしれませんね。

M&Aセンター、M&AにAI活用

日本M&Aセンターが、企業の合併・買収を仲介する際にAIを活用する仕組みを導入しました。これまで蓄積させてきた企業データ30万件と、成立してきたM&AのデータをAIに分析させることで、企業価値の向上につながる候補を割り出し、営業に活用します。

AIの活用が、増え続けるM&A需要に対応する一手となっていきそうです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ M&A ニュースまとめ

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ