【7月29日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ

7月29日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

ロケット大手のデータ活用

IHIや三菱重工など、ロケット開発をてがける大手企業が、気象予測や災害把握向けに衛生が入手したデータを提供するサービスを始めます。スタートアップなどが参入して競争が激化する中、大企業も、従来のようにハードの開発や打ち上げだけでなく、データなどを活用した事業の変換に動いています。

日本でも、民間のロケット事業開発のニュースが広がり始めました。長らく大企業がメインとなって取り組んでいた領域に、低価格化などの別の角度から新規参入が切り込んでいく流れは、活気があって良いですね。ロケット事業をめぐる今後の展開に期待です。

フードテックの新興企業に注目

食品に関わる課題をテクノロジーで解決する「フードテック」のスタートアップが活況です。特殊なカビで魚の鮮度を維持するミートエポック(川崎市)、野菜を乾燥シートにして長期保存を可能にするアイル(長崎県平戸市)など、新興企業が続々と新たな技術を打ち出しています。世界的に見ても、フードテック事業への注目が急激に高まっており、投資も増えていくと予想されます。今後も各地で食品関連の新興企業が誕生しそうですね。

創業手帳でも、食品に関わる課題に関連して、ハエを利用した食品問題に取組むムスカや、フードシェアリングで食品排気量の削減に取組むTABETEの代表インタビューを掲載しています。

米500スタートアップス 医療起業家20社育成。

創業帳でも、米有力ベンチャーキャピタル「500 Startups」が、神戸医療産業都市推進機構と連携して、医療や健康領域のスタートアップ向けの起業家育成プログラムの育成を始めます。国内外から約20社選ぶ予定です。メンターとして、20人程度がスタートアップにつき、収益の上げ方や事業音進め方を指導します。

創業手帳でも、500 Startups Japanの代表(現コーラル・キャピタル)へのインタビューを行いました。どんな企業に投資していきたいと考えているかなど、哲学に触れることができる内容なので、ぜひチェックしてみてください。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ 500 Startups スタートアップ ニュース ベンチャーキャピタル まとめ 投資 起業家 長崎県

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集