【7月3日】起業家むけ「気になるニュースまとめ」

7月3日に出たニュースで、起業家がチェックしたいニュースをまとめました

●日経調査 初任給引き上げ実施7割
日経新聞が「社長100人アンケート」で、直近で初任給を引き上げたと回答した企業が7割に登りました。主に、人工知能(AI)やプログラミング能力を持つ人材を狙った引き上げが目立ちます。年功序列型の賃金を導入している企業について、「見直した」という回答が約32%、「見直す予定」が19.4%となった点にも注目。大企業が給与体系を実力やスキルに応じて柔軟に変更する方向性にシフトしつつある動きは、社会全体で優秀な人材の獲得競争が今後ますます激化する予兆と言えそうです。
スタートアップの起業家にとっては、優秀な人材獲にあたって、給与面や待遇以外の部分で大企業と差異化できる価値を伝えられるかどうかが大きな鍵となるでしょう。

●ソニーと大和証券が200億円規模の新ファンド立ち上げ
ソニーと大和証券グループが年内に総額200億円のファンドを立ち上げることを発表しました。運用期間は10年程度を想定し、ロボティクスやAI、フィンテック領域を中心に有望な未上場企業への投資を推進します。提携することで、外部資金を活かし、単独投資では難しかった上場手前の規模の大きい企業などへの投資選択肢を広げる狙いがあります。

ベンチャーキャピタル(VC)の立ち上げが相次ぎ、新興企業への投資が増加しています。新ファンドによって各社新興企業との結びつきを強める競争が加速しそうです。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ VC ニュースまとめ ファンド 人材採用 日経新聞

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集