栖峰投資ワークス株式会社 関 兵馬 | 京都を拠点に置く独立系VC


京都を拠点に置く独立系VC(ベンチャーキャピタル)で注目なのが関兵馬さんが2017年に創業した栖峰投資ワークス株式会社です。

VCの役割は、リスク資金の提供にとどまりません。
VCファイナンスやサポートを通じ、イノベーションの社会的・経済的な存在価値を証明することを目指し、スタートアップ企業への出資を行っています。

栖峰投資ワークス株式会社に、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

弊社は京都を拠点に置く独立系VCです。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

国内のプレアーリーからアーリーフェーズのスタートアップ企業さまへ出資をさせていただいております。
(調達フェーズで主にプレシリーズA~シリーズAラウンド)

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

VCファイナンスやサポートを通じ、イノベーションの社会的・経済的な存在価値を証明したいと考えております。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

弊社もまだまだ創業期と言えるので・・・
スタートアップ企業さまへの出資ご支援を通じて、ともに成長していきたいと考えております!

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

LP出資者からも起業家の皆さま・スタートアップ企業さまからも信頼を寄せれらるVCとなりたいと考えております。

・今の課題はなんですか?

弊社のことをご存知ない起業家の方や、スタートアップ企業さまはまだまだ多くいらっしゃると思うので、
ぜひ色々な方に弊社のことを知っていただけると嬉しいです!
弊社Twitterアカウント( @noranekoVC )もぜひチェックしてみてください。

・読者にメッセージをお願いします。

記事をご覧いただきありがとうございます!
PreA~AラウンドのVCファイナンスをお考えの起業家の方ぜひお声掛けください。
壁打ちもさせていただいておりますので、まずはカジュアルにお話しましょう!

会社名 栖峰投資ワークス株式会社
代表者名 関 兵馬
創業年 2017年8月
住所 京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
事業内容 ベンチャーキャピタル業務
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ VC シード シリーズA スタートアップ 栖峰投資ワークス 資金調達 関兵馬
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

IoT通信プラットフォームやセンサーソリューション提供の「センスウェイ」が1.35億円調達
2021年5月26日、センスウェイ株式会社は、総額1億3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoT向けの通信規格LoRaWANを活用したIoT通信プラットフォーム「SenseWay …
B2C事業者向けDXツール提供の「UPBOND」が1億円調達
2021年6月10日、株式会社UPBONDは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2C事業者向けの、顧客管理からアプローチまでを一元管理できるDXツール「UPBOND」の提供と、DX…
ローカル・ビジネス向け顧客獲得支援の「Zehitomo」が8.2億円調達
株式会社Zehitomoは、総額8億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 仕事を依頼したい人と、専門職のフリーランスや中小企業をつなげる顧客獲得プラットフォーム「Zehitomo(ゼ…
超小型人工衛星を活用した新たな宇宙利用の実現を目指す「ASTROFLASH」が資金調達
2020年12月7日、株式会社ASTROFLASHは、資金調達を実施したことを発表しました。 超小型人工衛星(CubeSat)を活用した新たな宇宙利用の実現を目指しています。 具体的には、多くの人が体…
ライブ動画配信プラットフォーム「SHOWROOM」が31億円調達
2019年11月21日、SHOWROOM株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ライブ動画ストリーミング・プラットフォーム「SHOWROOM」を運営しています。 また、VR/…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ