IVSの新イベント「LAUNCHPAD SaaS」会場レポート:優勝はカミナシ、準優勝はJunify

初のテーマ特化型!「LAUNCHPAD SaaS」の様子をお伝えします。

2007年の初開催から通算エントリーは5,000社を超え、日本最大級のピッチコンテストとして 数々のスタートアップが熱戦を繰り広げてきた「LAUNCHPAD」。

今までは年2回の開催でしたが、今回は初めてのテーマ特化型ということで「SaaS」プロダクトのみを対象としたスタートアップが集まりました。
募集対象は、インターネット、モバイル、ソフトウェア、デジタルコンテンツ、コンシューマーエレクトロニクス(ロボット含む)の製品・サービスでSaaSの事業モデルを展開しているもの。

創業手帳編集部では、会場で取材に参加しました。
今回はコロナ禍ということで、オンラインとオフラインのミックスにて開催されました。
youtubeで中継されたオフライン会場は、カンファレンスなどで使われる大型会場に少数の参加者がいて、机間の距離が4~5メートルも離れた超ソーシャルディスタンスで行われていました。
イベントの結果をお伝えします。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

オンライン+オフラインで行われた

今年はコロナの影響で、2020年12月18日(金)に一部を除いてオンラインで行われました。
オンラインでのプレゼンテーションは、リアルとはまた違った雰囲気がありましたが、1社約6分のプレゼンテーションの模様。

選考を勝ち抜いた14名の決勝進出者がプレゼン

LAUNCHPADはスタートアップの登竜門として、InfinityVenturesSummit内で開催されてきたピッチイベントです。厳選な選考を経て選ばれた決勝進出者は投資家・VC・大手企業など豪華審査員の前でプレゼンテーションし、順位を競います。2020年のファイナリスト14名と結果です。

入賞者

優勝! 株式会社カミナシ 諸岡 裕人

 
現場の業務フローをデジタル化する!ノーコードツール「カミナシ」

工場などの現場では、未だに大量の紙でのチェックが行われています。例えば、紙で手書きで記入する、承認を押す、集計するなどで労力がかかり、ミスが多発することもあります。そういった紙を使った業務を、端末で管理することができるツールです。

プレゼンを見た感想ですが、このデジタルツールが代替する市場で大きいのは「紙」というより「ワーカーの時間」だと思いました。現場のコストで圧倒的に大きいのは人件費のためです。紙とのコスト競争と言うより、ワーカーの人件費が莫大なので、そこで減らせることの需要は大きいように思いました。

現場における人件費の圧縮度合いや、正確性の向上のシュミレーションができると、導入の際の納得感が増すように思いました。見事優勝、おめでとうございます!

準優勝! Junify Corporation 安武 弘晃

軽い社内情報システムで新しい会社と人の関係を「Junify」

アメリカからオンラインで参加した安武さん。アメリカ拠点だが、社員の半数は日本人とのこと。場所を選ばずに働く場所の環境を整えることができ、情報セキュリティや稼働状況のチェックなど、勤務中の安全性を高めることができます。
また、アプリのオンオフで勤務中とプラベートを切り替えることができます。

プレゼンを聞いた感想だが、若い参加者が多い中で、楽天出身の安武社長は、ベテラン感があり、2Bの需要やニーズを上手く取り込んだサービスのように感じました。会場内の企業から導入したいという声が出るなど、評価が高かったツールです。
アメリカは国土が広いこともあり、コロナ前からリモートワーク導入が進んでおり、リモートワーク先進地からのソリューション・ノウハウ輸入という側面もあります。

3位入賞 株式会社Tsunagu.AI 森 隆晃

“デザインを理解するAI”で、フロントエンド開発を自動化「FRONT-END.AI」

コーディングの負荷を軽減するサービスで、工数を95%削減できるとのこと。テンプレではなくプロ・大手向けの需要を狙っています。
ローコーディング・ノーコーディングのツールが注目されていますが、この手のサービスはどれくらい完成度が高いかに尽きるので、実際に使ってみての検証が必要だと感じました。

4位入賞 株式会社SpiderLabs 大月 聡子

 
国内最大級のアドフラウド対策ツール「Spider AF」

東京とポルトガルのリスボンに拠点があり、広告の不正クリック防止に取り組む企業で、大手企業の顧客を多数獲得しています。不正クリック問題に対応している会社にとっては使ってみたいツールではないでしょうか。大月代表は最近子供が産まれたという中での登壇で、バックストーリーも印象的でした。

5位入賞 株式会社アスキャスト 高田 雄大

 
インテリアコーディネートを効率化する日本初のコーディネート用SaaS「Amour」

他登壇者

Qasee株式会社 村田 敦

仕事がみえる みえると変わる 組織課題見える化ツール「Qasee」

株式会社NIMARU TECHNOLOGY Sae Hyung Jung

自由に動いて、自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice」

conect.plus株式会社 坂井 洋平

IoTアプリケーションSaaS「conect+」

株式会社オンリーストーリー 平野 哲也

決裁者のマッチング支援SaaS「ONLY STORY」
もともと交流会やマッチングを行っていた会社だが、コロナのハンディを逆に攻めの方向に持っていった例です。
IVSも含めてオフライン系のマッチングの会社がオンラインに転換するケースが増えているので、その中でどれくらい良質なマッチングができるかが鍵になると思われます。

株式会社STANDS 露木 諒

プロダクト体験をノーコードで変革し、LTVを最大化する「Onboarding」

株式会社トルビズオン 増本 衛

空に道をつくる 上空シェアリングサービス「sora:share」

テレワーク・テクノロジーズ株式会社 荒木 賢二郎

テレワークのためのワークスペースシェアリング「テレスペ」

株式会社SOUSEI Technology 乃村 一政

大切な家の管理をスマホ1つで「マイホームアプリknot」

セルン株式会社 豊川 竜也

デジタルオンデマンド・サプライチェーン・プラットフォーム「BOOKSTORES.jp」
出版物をオンラインで発行できるサービス。紙ベースの印刷物を簡単に発行できます。

まとめ

全14名の中から、大賞に選ばれたのはカミナシでした!おめでとうございます。
起業当初は上手く行かず、ピボットの末の、躍進ということで感動もひとしおだったようです。

ペーパーレスを進めるカミナシと、オンデマンド出版のセルンの紙vs紙無しの構図も面白かったです。
リモート環境を反映してオンラインコミュニケーション系のツールも多かったです。

また登壇者には、創業の最初期に創業手帳セミナーに参加した方や読者も複数おり嬉しかったです。
創業期を抜けたスタートアップが飛躍する素晴らしい舞台でした。

また、すでにたくさんのサービスが出ているSaaS業界ですが、まだまだ新しいサービスが生まれていると感じました。
IVSに初期の頃から参加していますが、登壇者の平均的なレベルが上がってきているようです。
またIVS事務局もオンライン・オフラインのハイブリッド開催などコロナにも負けず新しい形でのイベントを作りつつあるように思いました。

(編集:創業手帳編集部)

創業手帳では、常に新しい情報を発信するために、小さなスキルアップが目的のセミナーから、著名人による大規模セミナーまで幅広く開催しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ IVS SaaS イベント スタートアップ ピッチ プレゼン

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

プライシング戦略支援SaaS「Pricing Sprint」提供の「プライシングスタジオ」が1億円調達
2021年1月12日、プライシングスタジオ株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 プライシング戦略支援SaaS「Pricing Sprint」と、プライシング専門メディア「プライス…
【8月21日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ
8月21日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。 経産省、中小企業後継者のサポート続々 経産省が中小の事業承継サポートを進めています。事業を承継する人が、本格的な承継…
SaaSインテグレーション・サービス「Hexalink」の提供元が8,000万円調達
2019年7月9日、ビーテクノロジー株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SaaSインテグレーション・サービス「Hexalink(ヘキサリンク)」を開発・提供していま…
テレワーク人材マッチング・プラットフォーム運営の「Remoteoffer」とオンライン秘書サービス提供の「your team.」が業務提携
2020年10月16日、株式会社Remoteofferは、your team.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Remoteofferは、リモートワーク・テレワーク人材に特化したSaaS型…
【9月2日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ
9月2日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。 外国人留学生の経営管理ビザ切り替え容易に 国家戦略特区で起業促す 政府は、国家戦略特区内に限って、外国人留学生が保有す…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ