新型コロナウイルス対策として「ネットで資金調達」。お申込みから入金まで全て遠隔から可能に


株式会社日本クラウドキャピタル(以下JCC)は、お申込みから入金までの資金調達の全プロセスをオンラインを活用して遠隔でも完結することができるよう体制を強化しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、対面での商談が難しい中、本来資金が届くべき有望な企業に資金が届いていない事態を避けるために「ネットで資金調達」といった柔軟な体制を強化していきます。

株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』とは

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス『FUNDINNO(ファンディーノ)』は、企業が個人投資家から、“ネットで”資金調達ができるプラットフォームです。

今こそ!必要な「ネットで資金調達」

世界的に新型コロナウイルスの感染者数の拡大は続いており、長期的な経済への悪影響が懸念されています。そのような背景において、有効なベンチャー企業の資金調達手段として、スピードとオンライン対応が重要であると考えています。FUNDINNO では、キックオフミーティングから FUNDINNO サイトでの情報公開まで、最速で3週間で実施が可能というスピードで進めることができます。また、お申込みから入金までの全行程をオンラインや郵送など、遠隔からのやりとりでも可能な体制を整えています。事業者登録後、審査を通過した企業に対して、日本クラウドキャピタルから面談日程の調整連絡が入ります。面談は Zoom などのビデオ会議ツールで行います。

FUNDINNO

株式会社日本クラウドキャピタル 代表取締役 CEO 柴原祐喜氏のコメント

日本や世界が困難に立ち向かう中、立ち上がった経営者の傍には、志に共感したエンジェルや金融機関がいたはずです。現在は、コロナウイルスの影響で我々は困難に直面しています。この状況下は、投資家様にとっても、起業家様にとっても困難な状況と言えます。だからこそネットで資金調達をけん引してきた私たちが、両社の想いを繋がなければなりません。我々は今こそ、何が出来るか、何をすべきかが問われています。

―JCC のビジョンである、「フェアに挑戦できる未来を創る」ために、今こそ力強く前に進む時だと考えております。

これまで、培ってきたノウハウ、ナレッジを全て使い、歩み続けなければなりません。投資家の皆様には、我々のビジョンと役割をお伝えするとともに、ベンチャー企業を応援していただく意義や必要性をお伝えし続け、ベンチャー企業の皆様には、果敢にチャレンジをしてもらう体制を整えてまいります。

問い合わせ

株式会社日本クラウドキャピタル
メール:info@cloud-capital.co.jp
HP:http://www.cloud-capital.co.jp
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ クラウドファンディング 新型コロナ 日本クラウドキャピタル 資金調達 遠隔

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

マンガに特化した機械翻訳技術サービス開発の「Mantra」が8,000万円調達
2020年6月8日、Mantra株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マンガに特化した機械翻訳技術を保有しており、マンガの高速な多言語展開を可能にする法人向けサービ…
ケア・プラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」開発などの「ウェルモ」が15.7億円調達
2020年3月26日、株式会社ウェルモは、総額15億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京電力パワーグリット株式会社などです。東京電力パワーグリットとは、業務提携契約を…
優秀層就活支援サービス「レクミー」などの「リーディングマーク」が1.75億円調達
2019年9月19日、株式会社リーディングマークは、総額1億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本最大級の優秀層就活支援サービス「レクミー」や、無償の適性検査「キャリアベース」を…
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン・タブレット向けニュース・アプリ「Smart…
上空シェアリング・サービス運営の「トルビズオン」が2,500万円調達
株式会社トルビズオンは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 上空シェアリング・サービス「sora:share(ソラシェア)」を運営しています。 土地所有者とドローン・ユーザーを…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ