注目のスタートアップ

未来査定型資金調達プラットフォーム「Yoii Fuel」運営の「Yoii」が2,500万円調達

company

2022年2月1日、株式会社Yoiiは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

2021年10月には総額1億円の資金調達を実施しています。

Yoiiは、未来査定型資金調達プラットフォーム「Yoii Fuel」(β版)を運営しています。

過去の売上データを分析し、将来生じる売上(将来債権)を予測することで成長資金の調達を可能にするサービスです。

株式の希薄化がない(出資ではない)こと、連帯保証・担保なし(融資ではない)であること、6営業日以内のスピーディな調達を特徴としています。

広告宣伝費、仕入れ、株式希薄化防止などの利用シーンを想定しています。

資金調達の手段としては、主に株式(エクイティ)と負債(デット)の2種類が考えられます。

株式による資金調達(エクイティファイナンス)は、調達までに時間がかかること、コストが高いこと、株式が希薄化してしまうことがデメリットです。

借入による資金調達(デットファイナンス)は、返済義務があるため、リスクが増えてしまうことがデメリットです。

スタートアップはその成長ステージによって事業リスクが様々でありながら、資金調達手段が限られており資金調達ニーズとのミスマッチが起きていることが大きな課題となっています。

その課題を解決するため、近年は新たな資金調達手段を提供するサービスがいくつか登場しています。

とはいえ、やはり株式か負債のどちらかをベースにしたものが多く、上記にあげたデメリットを解消するような資金調達手段は少ないままとなっています。

Yoiiが提供する「Yoii Fuel」は、近年米国で台頭してきた、レベニューベース(収益ベース)の資金調達サービスを参考にした新たな資金調達手段です。

近年はサブスクリプションモデルを採用するビジネスが増えており、収益の予測がしやすくなっています。

レベニューベースの資金調達サービスは、この収益予測がしやすいという点を利用し、エクイティでもデットでもないファイナンスを提供しているのです。

スタートアップの成長には資金調達が欠かせません。累計200万部を発行する起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウや、VCから出資を受けるための方法などを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Yoii Yoii Fuel プラットフォーム 分析 将来再建 未来査定型資金調達 株式会社 資金調達 資金調達方法
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業の業務プロセスの標準化を促進するSaaS「WALL」など提供の「SUPWAT」が1.5億円調達
2022年2月24日、株式会社SUPWATは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 製造業における研究開発・設計・生産領域において蓄積されたデータを活用し、業務プロセスの標…
メディア向け無料音声化/音声広告配信ネットワーク・サービス「Audiostart」運営の「ロボットスタート」が1.6億円調達
2021年3月16日、ロボットスタート株式会社は、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メディア向け無料音声化/音声広告配信ネットワーク・サービス「Audiostart」を運…
創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム「Blockbuster TOKYO」 ビジネスプラン発表会が3/3に開催
2021年2月2日、Beyond Next Ventures株式会社は、「Blockbuster TOKYO」選抜プログラム参加チームによるビジネスプラン発表会を2021年3月3日に開催することを発表…
登記所に行かなくても電子証明書が取得できる「Graffer 電子証明書取得サポート」がリリース
2019年11月19日、株式会社グラファーは、「Graffer 電子証明書取得サポート」をリリースしたことを発表しました。 「Graffer 電子証明書取得サポート」は、登記所に行かなくても、ネットか…
AIを活用したマーケティング・クリエイティブ提供サービス「AIR Design」提供の「ガラパゴス」が2.2億円調達
2020年5月21日、株式会社ガラパゴスは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マーケティング・クリエイティブ提供サービス「AIR Design」を提供しています。 AIを…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ